合格実績

中学受験 合格体験記

奈良教育大学附属中学校 合格

「万里一空の日々」

村川 愛純さん(生駒台小学校卒)

 万里一空とは、「目的・目標・やるべきことを見失わずがんばり続けること」です。受験が終わった時に、両親からプレゼントされた言葉です。
 私の入試期間を振り返ると、思いえがいていたものと違っていました。しかし、先生方のあたたかさを身にしみて感じる日々でもありました。分からない問題が分かるまで時間を割いて教えてくださったこと、次々に効率の良い対策を考えてくださったこと、そして、いつも前向きな言葉と笑顔で励まし続けてくださったこと、最後に合格をいただけた時に、家族のように喜んでくださったことは、私の忘れられない思い出となりました。第一志望の学校に合格することだけが、中学受験の成功ではない、どのような状況でもあきらめずに最善をつくすことが大切だとKECの先生方の行動から学びました
 周りの人にたくさん支えられて最後までがんばりぬいた自分に自信を持って、中学校生活でも万里一空の精神で夢に向かってがんばりたいです。大好きなKECの先生方に、恩返しできるように成長していきます。先生方、これからもよろしくお願いします。

大阪教育大学附属平野中学校 合格

「感謝の気持ちしかない!」

中島 衣知花さん(桜ヶ丘小学校卒)

 私は4年生のときにKECに入塾しました。入ったときから算数がとても苦手で、授業についていくのが大変でした。6年生になると、受験生なのにこのままではマズイという危機感が私の中に出てきました。そこからは、積極的に先生に質問に行くようになり、それまで以上に何事にも全力で取り組むようになりました。苦手だった算数も少しずつ分かっていくようになりました。それでも、実力テストやKECの模試では、いつも算数が足を引っ張りました。そんな私のためにKECの先生たちは補習や質問対応など、いつも支えてくれました。とてもありがたかったです。
 そして入試本番。前半戦の試験では、なかなか自分の力を発揮できませんでした。落ちこむ私にがんばる勇気をくれたのは、KECの先生方や一緒に勉強をがんばってきた仲間でした。大阪教育大学附属平野中学校の発表の日、学校に入ったしゅん間、自分の番号を見つけたときはこれまでにない程うれしかったです。私以上に、先生が喜んでいる顔を見て、「これまでがんばってきて良かったなぁ」と思いました。 
 私は今、感謝の気持ちでいっぱいです。家族や先生方、一緒に戦ってくれた仲間。様々な人に支えられて合格できました。感謝の思いしかありません。私を支え続けてくれてありがとうございました。

奈良女子大学附属中等教育学校/京都教育大学附属桃山中学校 合格

「私の特別な場所」

大東 柚衣さん(俵口小学校卒)

 私は奈良女子大学附属中等教育学校に入るために、KECへ入塾しました。6年生の1学期が始まると、学校の宿題に加えて塾の授業、そしてその日の解き直しと宿題、さらに日曜スクールも始まり、毎日課題をこなす事が大変でした。時間が足りなくて、勉強の目的も忘れてしまいそうなほど忙しい日々でした。その中でも、KECだったから乗り越えられました。教室の授業の合間に友達とおしゃべりする時間、先生に相談や質問をして理解できるようになった瞬間、授業を受けている時も休み時間もいつも楽しく、ひとりじゃないと思えました。
 夏が終わり、予定を立てて赤本に取り組み始めました。最初は問題が難しく感じ、合格最低点に届かない状況が続きました。こんなことで大丈夫かなと思いましたが、授業の後に毎日残って勉強する教室のみんなを見て、私も与えられた課題をこなすだけでなく、何をすべきかを考えるようになりました。それから私は各年度の赤本を解くごとに出題範囲を書き出し、点数が取れなかった分野がどこなのかをはっきり自分にわかるように整理しました。あとはKECのテキストや模試などから、苦手分野を探してくり返し解き直しすることで、少しずつ合格点が取れるようになっていきました。
 合格したいなら妥協しないで努力するのは当たり前です。そして私には一緒に受検に向かう友達と、どんなことにも答えてくれる先生、そしていつもそばで見守ってくれる家族が大きな力になりました。合格までの道のりを支えてくれた全ての人に感謝しています。

奈良学園登美ヶ丘中学校(Ⅰ類)/帝塚山中学校(特進コース) 合格

「KECの先生と仲間」 

西垣 奈津美さん(あすか野小学校卒)

 6年生になってからのはじめての大きな行事は、春のスぺシャル大集合でした。同じクラスの友達が表彰されている中、私の名前はランキングに1つもありませんでした。悔しかった思いと、もう無理なんじゃないか、という思いが強く押し寄せてきました。私は特に算数が苦手でした。出来ない自分に腹が立ち、何度も泣きました。そのことをKECの先生に相談しました。そこから、次にすることの計画を一緒に立ててもらいました。すると、だんだんと算数のテストの点数が上がり、夏期勉強合宿のリアル入試の算数で、ランキングにのったのです。さらに、秋のスぺシャル大集合もランキングにのりました。他にも、国語は記述を見てもらったり、理科や社会は追加の課題をもらったりしました。さらに、入試直前にインフルエンザにかかって対策講座が受けられず困っていたときも、わざわざ私のために、全科目の先生がフォローの時間を取ってくださいました。様々なことで、本当に手厚くサポートしてもらいました。入試結果を知ったとき、「奈良学園登美ヶ丘中学校Ⅰ類?うそ。」と、Ⅰ類で合格できたことが信じられませんでした。さらに帝塚山中学校も合格と聞いて「夢かな?」と親子で言っていたことを覚えています。あの喜びは一生の思い出です。
 受験は1人ではありません。先生や仲間がいます。仲間と努力し、先生に質問や相談をたくさんしてください。必ずその分だけ喜びが返ってきます。KECにいれば全員に合格するチャンスがあります!

奈良学園登美ヶ丘中学校(Ⅱ類)/育英西中学校(特設) 合格

「がんばった先にあるもの。」 

山田 那由葉さん(生駒小学校卒)

 私が、KECに入塾したのは3年生のときでした。私は5年まで、全然志望校が決まっておらず受験もやめようかとなやんでいました。ですがそんな私を変えてくれたのが6年の夏に初めて行った夏期勉強合宿でした。そのとき同じクラスだったまわりの子たちは授業もとても一生けんめいに聞いていてそのときこの子たちはみんな第一志望に受かろうとがんばっているのだと感じ、同時に自分がとり残された感じがしました。また、勉強合宿のときに必ずあるリアル入試では夏と冬どちらも落ちていて、模試の時の判定もずっとD判定で実力テストも点数が良いわけではありませんでした。そんながけっぷちのときに合格できたのは、夏の最後に毎日自習室を使い、第一志望の赤本のわからないところを先生に聞き、苦手な算数や理科をくりかえし解き直ししてがんばったからです。
 まだ不安が残るものの、きんちょうしながら本番当日をむかえました。ですが本番は勉強合宿でリアル入試をしていたせいか、あまりきんちょうせず自分の力を出しきれたと思いました。
 そして次の日の合格発表のとき、なんと第一志望校の奈良学園登美ヶ丘中学校に合格していました。私ははじめてとてもうれしくて泣きました。このときの感動は今でも忘れられません。この感動をしっかりと体験できるようにこれから受験する人もあきらめず最後までがんばりぬいて楽しい中学校生活をおくってください。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。