高校受験

奈良高校(普通科)/奈良学園高校(理数コース)清風高校(理Ⅲ6か年編入コース) 合格

「合格体験記」

松本 健伸さん

高校受験コースのページへ

    僕は5年生からKECに通い始めました。その頃は勉強がどちらかと言うと嫌いで、全くやる気のない小学生でした。KECでは、勉強の基本から根気強く教えてくれて、やる気を引き立てるような励ましをしてくれました。KECによって僕は勉強がどんどん好きになっていきました。中学校に入ってからは勉強が難しくなっていきましたが、先生方の素晴らしい教え方のおかげであまり困らずにやってこられました。しんどかった事は定期テスト前の集中勉強会でした。だけど友達と一緒だったから乗り越えることが出来ました。受験強化特訓の際も友達が頑張っているんだと思うことで頑張ることが出来、リアル入試も合格することが出来ました。
    そして入試当日。当日はとても緊張していましたが両親や友達、KECの塾の先生方の顔を思い出して少し安心することが出来ました。合格が分かったときに感じたのは両親の感謝でした。僕は受験を通して、両親や友達、先生方の支えの力を感じることが出来ました。支えて下さった先生方のおかげで僕は志望校に合格することが出来ました。ありがとうございました。

    奈良高校(普通科)/帝塚山高校(女子特進コース)/近畿大学附属高校(Super文理コース) 合格

    「最後まで諦めずに・・・」

    前田 彩那さん

    高校受験コースのページへ

      私は小学校6年生のときにKECに入りました。入ったときは、宿題などが多く、そのころから家で勉強する習慣が身につくようになりました。中3になってからは、授業の日数も多くなり、部活との両立は大変でした。そして夏期特訓で受けたリアル入試では自分ではたぶん受かることができない奈良高校を志望校にしました。そうすることで余裕をもって畝傍高校を受験できると思ったからです。しかし、そのリアル入試の結果はまさかの合格判定。その頃から奈良高校を受験したいと思うようになりました。また、冬期のリアル入試は夏期よりもよい成績を取ることができ、ますます奈良高校に行きたいと思うようになりました。
      12月から始めた私立の赤本の演習では思うような結果を得ることができず、悩むことも多くなりました。そんな時に家族やKECの先生方は温かい言葉をかけて下さり、私自身、「頑張ろう。」と思うことができました。奈良の私立入試では第一志望だった女子英数コースに合格することができず、とても落ち込みました。そんなときに家族は、「受かっただけでよかったやん。不合格ではないんやから。」と言ってくれて、本当にうれしかったです。大阪の私立では第一志望のSuper文理コースに合格することができ、先生から「奈良にしよう。」と言われたときは、「本当にいけるんかな。」と思うとともにびっくりしました。そして、奈良高校の合格発表の日、自分の受験番号をみつけたときは本当によかったです。最後まで諦めずに頑張ることがどれだけ大切なことなのかを実感することができました。いろいろと相談に乗り、私を助けて下さった先生方、本当にありがとうございました。この体験を生かして高校生活も頑張ります。

      畝傍高校/近畿大学附属高校(Super文理コース)/奈良育英高校(選抜コース) 合格

      福本 悠華さん

      高校受験コースのページへ

        私は小学5年生のとき、KECに入塾して中学受験で合格するために必死に勉強してきました。しかし、第一志望の中学には合格することができず、どこか楽しみきれない春休みを過ごして中学校に入学しました。そのとき私の心のなかに自信なんてものは少しも残されておらず、ただただ中学校生活や高校受験への不安があっただけでした。「悔しさをバネに」なんて言葉で言うのは簡単でも、実際にやってのけるのは私にとって無理難題でした。しかし、先生方は自信を無くし、成績が伸び悩んでいた私にたくさんアドバイスしてくださり、学校の定期テストも耐え抜くことができました。
        そして、中学3年生になり、やることは増える一方という状態で、模試の点数は思うように取れず、頭を抱えていました。そんなときに思い出したのが、小学6年生のときに言われた先生からの言葉でした。
        「今回の失敗を成功に変えるチャンスをもらえたんだから、頑張らないと。」
        この言葉をかけられたときは、まだ気持ちが沈んでいて、この言葉を前向きにとらえることができなかったけれど、いざ3年たってまた「入試」という大きな壁にぶつかってみると、これ以上に自分を支えてくれる言葉はありませんでした。どんなに有名な名言よりも一番自分に勇気と自信を与えてくれました。
        これに似た言葉がKEC八訓のなかにもあります。「六・過去と他人を受け入れて、未来と自分を変えるエネルギーにつなげること」です。私は実際、小学生のときの不合格という過去を受け入れて、高校入試で合格するためのエネルギーにつなげました。
        私の人生ではうまくいかなかったことの方が多く、成功なんて数えられる程度です。しかし、KECに入りそれも悪くないと思うようになりました。先生方はどんなに失敗しても私たちを支え、励まし続けてくれます。私は「失敗は成功のもと」ということわざをあまり信じていません。失敗したことを次で成功にするのは、簡単なことではないからです。しかし、失敗が失敗のままになってしまっても挑戦したことには変わりありません。だから、成功にならなくともチャンスを掴み取りつづけることが大切です。
        最後に、KECには素晴らしい先生方がいます。先生方は私たちに「喜びを掴むための切符」を買うためにサポートしてくれます。あとは自分次第。その切符を買い、「合格」という名の駅にたどり着けるかどうかは自分にかかっています。自分を信じて、輝きに満ちた未来を掴み取ってください。

        高田高校(普通科)/奈良育英高校(選抜コース)/上宮高校(パワーコース) 合格

        「宝物のような1年間」

        植山 花帆さん

        高校受験コースのページへ

          私は中学3年生の春からKEC志学館ゼミナールに入塾しました。それまでは勉強が嫌いでどんなことにも手が付けられないような状態でした。志学館に入塾するときに、「もっと上を目指せる。」という言葉をかけてもらい、入塾することを決めました。ですが、今まで勉強をしてこなかったので、テスト勉強の仕方すら分かりませんでした。それなのに、質問にいくこともできずに困っていました。そのときにたくさんの先生が温かく接してくださったおかげで、落ち着いて志学館で過ごすことができました。どうしても自分を信じることができなかったことが辛かったですが、前向きな言葉をかけてくださる先生方がいてくださって良かったです。夏と冬の両方の受験強化特訓に参加しましたが、やる気も上がったし、素敵な先生方の話を聞き、自分の考えを改めることができる瞬間が多かったです。参加して良かったと心の底から思っています。
          今までの自分では考えることのできなかった3つの高校に合格できたのは、本当に神宮教室の全ての先生方のおかげだと思っています。神宮教室ではないと、きっとダメだと思っていて、自分を変えてくださった先生に、感謝でいっぱいです。私はこの受験を通し、勉強の楽しさや仲間とお互いを高め合う楽しさを知ることができました。本当にありがとうございました。

          一条高校(普通科)/奈良育英高校(選抜コース) 合格

          「頑張って良かった勉強」

          東山 星奈さん

          高校受験コースのページへ

            私は中2の9月くらいからKECに通い始めました。最初は、塾の授業が理解できなかったり、知り合いが少なかったりして、不安な気持ちになりました。しかし、先生方は皆優しくて、話しかけてくれる子もいて、何とかなじむことができました。塾に通ってよかったことは、良い成績を取れるようになったことです。定期テストでは先生方が個別にロードマップ面談をしてくださったので、計画的にテスト勉強ができて良い点が取れました。このことから、勉強の習慣が身についたので、入試に向けての受験勉強でもコツコツ頑張って最後まで走り抜くことができました。
            最初、私は特色選抜入試を受けましたが、落ちてしまいました。とても悲しくて、次の勉強になかなか手がつかなかったのですが、家族や友達、先生方がたくさん励ましてくださり、前を向くことができました。だから、一般の選抜入試の合格が分かった時、嬉しさと今まで支えてくれた皆への感謝の気持ちでいっぱいになりました。
            私は受験を通して、強い気持ちを持って最後まで続けることが大切だと学びました。この色々な経験をこれからの生活に活かして、努力し続けようと思います。今までありがとうございました。

            郡山高校/近畿大学附属高校(Super文理コース)/奈良育英高校(選抜コース) 合格

            「高校受験を通して」

            W.Sさん

            高校受験コースのページへ

              私が高校受験を通して思ったことは主に2つあります。
              1つ目は、家族や友達の存在のありがたさと大切さ、そして2つ目は各学年・学期ごとのテスト勉強の大切さです。家族や友達は私にとってずっと心の支えでした。何回も自信を無くしたし、やめたくなったし、泣いたけれどその度にいつも励まして前向きにさせてくれました。受験は自分だけではなく、周りの人と一緒にするものだと思いました。各学年・学期ごとのテスト勉強が大切な理由は今までの総復習をするときに楽になるからです。一度インプットされているので簡単に思い出すことができ、暗記系の復習に時間をかけずに効率的に勉強することができました。私は数学が本当にできなかったので、克服するために一生懸命頑張りました。
              そして当日に一番大切なことは自分の努力を認めて自信を持つことです。塾の先生の言葉や今までの自分を振り返って「もうやり切った」と言える状態で当日を迎えることです。本気で達成にこだわり取り組めば必ず合格できます!毎日ひたむきにコツコツと積み重ねていけば大きな自信になり、当日の強い味方になってくれます。
              私がここまで成長できたのは、いつも近くで支えてくれて、分かりやすく教えてくれた先生たちのおかげです。KECでよかった!

              KEC OFFICIAL SNS

              • LINE
              • Twitter
              • facebook
              ページトップへ戻る
              This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.