合格実績

中学受験 合格体験記

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

「一生の宝物」

岡沢 拓海さん

 僕が受験勉強を通して学んだことは、3つあります。
 まず、KECに入塾したばかりの時は、全然宿題をやり込めていませんでした。そして小6になった4月の時は、勉強に目がいかなくて、実力テストの結果が一番悪かったです。これはまずいと思い、6月の実力テストではばん回できたけれど、その時には、宿題をするだけでいい、とまだ思っていました。また8月の実力テストで成績が下がりました。これはまずいと思い、勉強をやり込み始めました。1つ目に学んだことは、まずいと思った瞬間に、振り返りをし、勉強姿勢を改善することが大切だということです。
 2つ目は、文章の書き方です。例えば、学校やKECの先生から聞いたことを学びとして、自分の考えと合わせて書くように努力をする。そうすることで、文章を書く力がつきました。また、僕は学校で新聞係をやっていましたが、相手にどうやったら伝わりやすくなるのか、と考えていました。受験勉強を通して、ただひたすら書くだけではなく、考えて書くことで、書く力が身につきました。
 3つ目は、家族やKECや学校の先生方、仲間の応援に応えようと努力をすることです。そして「支えてもらっている人へ感謝をすること」はとても大切だと学びました。応援をしてくれる人への感謝の気持ちを大切に、それに応えようとする努力は決して無駄にはなりません。その努力が合格につながりました。
 このKECでの中学受験の思い出は、受験生にしか手に入らない一生の宝物です。KECで中学受験ができて、本当に良かったと思っています。

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良女子大学附属中等教育学校/奈良学園中学校/奈良学園登美ヶ丘中学校 合格

「自信をもって」

小平 若奈さん

 私が受験勉強をはじめたときに決めた目標は、大阪教育大学附属天王寺中学校か奈良女子大学附属中等教育学校に合格することでした。目標の2校は、関西の中でも人気があり倍率も高く合格できるか心配でしたが、4年生、5年生の間は、合格できると信じ、勉強を続けていました。そして、6年生になり、過去問を解くと、合格最低点や合格者平均点に届かないときが多く、合格できるかさらに心配になりました。しかし、楽しくも刺激のある受験強化特訓やKECの毎回の授業で勉強を続けてきたおかげで、実力テストの点数が安定し、リアル入試では夏、冬ともに合格できました。また、ランキングでは、夏総合2位、冬総合3位を取ることができ、自信をもって本番にのぞむことができました。入試問題はどの学校でもKECの模試とほぼ同じ形式でいつも通りの力を出しきれました。
 私が中学受験を通して思ったことは、これから中学受験をする人は、志望校のKECの模試と受験強化特訓をしっかり受けると良いということです。KECの模試は、志望校の入試の練習になります。また、受験強化特訓を頑張りぬくことで、自分の自信につながります。さらに、「次はこう取り組めば良い」という明確な目標ができます。中学受験の最終目標は、志望校の合格です。これから中学受験を迎えるみなさんは、志望校の合格を取れるように、KECの先生を、KECの取り組みを信じて頑張ってください。

奈良女子大学附属中等教育学校/智辯学園奈良カレッジ中学部/聖心学園中等教育学校 合格

「KECでの3年間」

小網 元翔さん

 私は、4年生になる春期講習からKECに入りました。最初はとても緊張しましたが、すぐになじんでいきました。初めてのKECの実力テストでは、国語はあまり良い点をとれなかったのですが、算数はクラスで一番良い点数をとることができました。
 5年生になると、理科と社会が加わり、勉強量が増えました。そして実力テストでは、あまり良い点数をとることができなくなってしまいました。塾をやめようと思った時もありましたが、このころ中学受験をしたいと思うようになり、塾をやめずに頑張る決意をしました。ここから、KEC八訓の一つである「ワクワクするポジティブワードを使うこと」という言葉を大切にし、頑張りました。
 6年生になると、コロナの影響で塾に行けないときもありましたが、先生がいろいろな工夫をしてくれ、家で授業を受けたり、リモートでテストをしたりして、先生にはげましてもらいながら一生けん命勉強しました。通塾が再開されてからも、どんどん勉強の力を身につけていきました。特に夏と冬の受験強化特訓で、さらに能力を上げることができたと思います。
 試験当日、私はこれまで身につけた力をすべて出し切り、ついに志望していた中学校に合格することが出来ました。合格することができたのは、母・姉・友達・先生・その他たくさんの人が支えてくれたおかげです。私にとって、とても楽しいKECでの3年間でした。
 

大阪教育大学附属平野中学校/大谷中学校/桃山学院中学校 合格

「私を支えてくれた人」

堀内 美鈴さん

 私が受験を終えて一番強く感じたことは、ここまで来ることができたのは私を支えてくれたすべての人のおかげだということです。
 4年生から6年生までのKECの実力テストでは一度もランキングにのったことがなく、特に6年生になってからは実力テストが返ってくるたびに自分の中でこの成績でいいのかという合格までの大きな壁を感じました。しかし、心が折れそうになった時には先生がいつでも相談にのってくれ、仲間と一緒に励まし合いながら頑張ったので、どんなにつらいことがあっても前向きに進むことができました。また、5年生、6年生の夏にはほぼ毎日自習室に通ってたくさん先生に質問をし、友達とも協力して問題を解きました。時には理解ができずに何度も質問をしたけれど、先生は丁寧に私が理解するまで教えてくれたので成長ができたのだと思います。KECの受験強化特訓では、仲間と共に泣いて笑ったし、先生、家族がどれだけ私のことを思ってくれているのかをいつもより強く感じました。
 最後の最後まで、仲間と共に戦ったし先生方や家族に支えられてきたので自分の受験番号を見つけ、友達と一緒に合格できた時にはとてもうれしかったし、家族、先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。けれど、KECをはなれるのはとてもさみしいです。私が大教大平野中学校に合格することが出来たのは、仲間、先生そして家族のおかげです。私は本当にKEC生で良かったなと思いました。

奈良学園中学校/奈良学園登美ヶ丘中学校 合格

「努力した受験勉強」

北岡 大輝さん

 僕は3年生のときにKECに入塾し、5年生からは受験をすると決め、受験コースに入りました。受験コースに入った僕には大きな課題がありました。それは国語です。元々、作文を書くことが苦手で、KECの実力テストで国語は毎回6割しか取れていませんでした。6年生になると、さらに勉強内容が難しくなり、今度は理科が苦手になりました。実力テストで理科は国語と同じく6割しか取れずにいたので、点数結果を見るのがとてもつらかったです。10月から赤本演習が始まりましたが、なかなか点数が取れませんでした。特に算数が難しかったです。そのため、どうすれば全体的に点数が上がるかを考えました。
 国語は先生と読解問題のプリントに取り組み、友人と競い合いながら制限時間内に解きました。算数はひたすら問題の解き方を理解しました。理科で分からないところは、どんどん先生に質問しました。社会は得意だったので復習してちゃんと自分が語句を覚えているか確認しました。先生と共に努力を続けることで、最初はなかなか点数が取れなかったけれど、次第に成績が上がり、最後は志望校に合格することができました。
 受験をするにあたって、親にはお弁当作りをはじめとする様々なフォローをしてもらい、妹にはゲームを我慢してもらい、家族に多くの負担をかけていました。それでも応援してくれた家族に感謝しています。みなさんも最後まで諦めずにがんばってください。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。