合格実績

高校受験 合格体験記

郡山高校(普通科)/近畿大学附属高校/育英西高校 合格

「多くの人の支え」

村上 夏望さん(奈良教育大学附属中学校卒)

 合格発表で自分自身の受験番号を見つけたときは、「ホッとした気持ち」と「嬉しい気持ち」がありました。
 私は、小学生のときからKECの先生方にお世話になりました。親しい先生方が多く、私自身とても居心地が良かったです。私は、昔から先生に質問することが苦手で自分一人で解決しようとしていました。
 中学校に進学すると、分からない部分がたくさんあり、苦労しました。そこで、私は先生に質問する機会を増やしました。質問することで、分からない問題が解けるようになるうれしさを実感しました。質問することができたのも、KECの先生方が親身になって私に寄り添ってくれたからだと思います。質問することの大切さを改めて感じることができました。質問によって、できる問題を増やせたことで、郡山高校の合格も勝ち取ることができたのだと思います。
 先生方は、私が定期テストで良い点を取ったときには一緒になって喜んでくれ、悩みがあるときには一緒になって話を聞いてくださり、私にとって、KECはとても居心地のよい場所となりました。受験は、家族、先生、友達の支えや励ましがあってこそだと思います。今までお世話になったKECの先生方、本当にありがとうございました。

畝傍高校/帝塚山高校/近畿大学附属高校 合格

「周りの人への感謝」

石井 今日佳さん(生駒中学校卒)

 私は中学1年生でKECに入りました。先生のサポートもあり、定期テストでは好調な滑り出しができていました。
 しかし、3年生になり、外部模試や学校の実力テストで思うような結果を出せないことが続きました。特に苦手な数学では平均点を下回ることもあり、得意だった国語も点数が取れなくなっていました。担当の先生に相談すると、個別に対応してくださいました。
 そんな支えもあり、12月ごろにはだんだん国語の自信もついていき、数学も少しずつ点数がとれるようになっていきました。公立入試の前、国語の先生が「あなたが国語で難しいと思ったら、絶対周りもそう思っている。落ち着いて取り組みなさい」と言ってくださったり、入試当日には教室長の先生が「絶対いける!」と書いた手紙をくださったりしました。本当に嬉しかったし、自信を持って入試に挑むことができました。
 私が不安を抱えている時に話を聞いてくれた友達や、勉強面でもメンタル面でも支えてくれた塾の先生方、見守り応援してくれた家族には感謝しかありません。
 絶対に1人では乗り越えることができませんでした。本当にありがとうございました。

桜井高校 合格

「志学館へ入ってからの変化」

Bさん(片塩中学校卒)

 僕は志学館に入るまでは、テストの点数もあまりよくなく、何より自分で勉強しようと思っていませんでした。KEC志学館に入ってから、すごく自分が変わった気がします。
 最初は志学館に入って部活動が終わってから塾に来て、長時間勉強するということや、課題が多くて家に帰っても課題をしなければいけなくて本当に大変でした。でもテストの点数はだんだん上がってきて、中2の時ぐらいから、先生にロードマップの活用方法を教えてもらい、時間をうまく使うことができるようになりました。
 そして中3になり、スケジュールがもっと厳しくなりました。最初はそのスピードについていけず、「本当に受験大丈夫かなぁ」と思った時もありました。それでも先生たちや家族、友達などが支えてくれました。そのおかげで、中3の2学期から点数はぐんぐんのびていき、自分が選んでいた高校に合格することができました。
 僕は志学館に入って自分を変えることができたと思っています。最初はなれないことでしんどかったです。でも、そのしんどさを超えることができたおかげで合格できたと思っています。

郡山高校 合格

「受験により得た貴重な経験」

Aさん(白鳳中学校卒)

 僕は中学3年生になった時、初めは受験生という意識を持つことの無いまま、特に変わることの無い中学校生活を送っていました。多分、難しい問題に触れることや、苦しい経験から逃れたいという意識があったのだと思っています。
 しかし、ふじい模試・五ツ木模試などを受験する中で、自分の成績が思うように伸びなかったことや同じクラスの仲間が頑張っている姿をみることにより、「志望校合格のために、本気で頑張ろう!」という思いになっていきました。気持ちだけでは中々うまくいかないことも多かったので、具体的な勉強計画をロードマップを使って考えていきました。
 これから受験を迎える中学生の人たちにも「ロードマップによる学習時間・質の顕在化」を是非取り組んでほしいと思います。これを行うことで、自分の学習に自信を持つことが出来たり、改善点・気づきが増えていきます。書き方も自分が納得できる、分かりやすいもので、特に複雑でないもので良いと思います。
 受験生として不安を抱えることもこれから先たくさんあると思いますが、あまり考えすぎず、今やるべきことの整理とそれらをやりぬくことが、前へ前へと自分自身を進めてくれます。

奈良高校 合格

「満点をとろう」

Cさん(新庄中学校卒)

 私は、小学生の頃から、「満点をとることにはとても価値があって、あなたも満点をとれるようにがんばりなさい」と母に何度も言われてきました。母は、「学年一位」や「塾内一位」でも喜んでくれましたが、定期テストや模試などの大きなテストで満点をとると、それ以上に喜んでくれました。
 そんな母の影響もあって、私は満点にこだわるようになりました。大きなテストであっても、小さなテストであっても、満点をとるためには、それをとれるだけの勉強が必要です。「合格点を超えればいいや」「赤点をとらなければいいや」という気持ちではなく、「満点をとる」という高い目標を持つことで、その目標を達成するための勉強方法を考え出し、高い結果を得られるはずです。
 私は、母の言葉に影響されましたが、後輩の皆さんは、これから誰の影響を受けるか分かりません。だから、学校や塾の先生、家族の一言一言をしっかり聞くようにしてください。今まで支えてくださった家族、KEC志学館の皆さん、本当にありがとうございました。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。