合格実績

中学受験 合格体験記

大阪教育大学附属天王寺中学校/同志社国際中学校/智辯学園奈良カレッジ中学部 合格

「強い信念と努力が大切!」

中尾 城さん

 ぼくは、5年生の夏にKECに入塾しました。塾の勉強を楽しみながら頑張っていましたが、いつの間にか入塾した目的を忘れかけていました。次第に成績も下がっていき、第一志望のレベルに届かなくなっていました。そのことを、6年生になる前の面談時に、教室長から指摘され、目が覚めました。ぼくはその時、決心しました。「何があってもあきらめない!塾に来る目的を忘れない!合格するために、心を鬼にして自分に負けない!」と。
 そして、6年生になってからの勉強は、授業中に積極的に発言したり、作文の特訓を自ら申し出たりするなど、受け身ではなく、攻めて攻めまくりました。また、両親や塾の先生にトコトン協力してもらい、最後まで攻めの姿勢を貫き通しました。徐々に成績も上がり始め、そして、秋のKEC模試を迎えました。ダメな結果になるのではないかという不安な気持ちもありましたが、判定は「A」であり、最高の自信を得ました。そして、自分の努力が実ることを強く信じ、大教大附天王寺中に必ず入学すると強く念じ、入試本番に臨みました。結果は合格でした。発表を見に行ったとき、言葉が出ないほど嬉しかったです。
 ぼくが伝えたいことは、「強い信念と努力が大切」であることです。KEC八訓の考えを信じ、KECの先生達を信じたからこそ、目標を達成できたと思います。KECに入ったからこそ、何事にも打ち勝つ、強い心を持てたことが、ぼくの財産です。

大阪教育大学附属天王寺中学校/関西大倉中学校 合格

「互いをたたえる光」

川上 慶久さん

 僕は、中学受験を通じて学んだことがあります。それは、「諦めずに努力すること」の大切さです。これは受験だけのことではありませんし、手に入れるのは簡単ではありません。「諦めずに努力すること」は、一生必要で役に立つ、素晴らしい力です。その大切さを学べたことが一番大きいです。
 また、自分を支えてくれる人の存在のありがたさを学びました。どんな時も寄りそってくれる仲間。いつもはげましてくれる仲間。苦楽を共にした仲間。大切な仲間の存在。巡り合った仲間だからこそ、得られたものがありました。そして、いつもいつも支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。皆さんのおかげで合格することができました。
 僕は、このKECで勉強できたことを誇りに思います。多くの人に支えてもらった2年間は、生涯忘れられない日々の連続です。
 これから、そして今、受験勉強を頑張っている皆さんに知っていてほしいこと。それは、先生方は我々のために一生懸命、頑張っているということです。皆さんが気付かなくても先生は隣を歩いてくれています。「守ってあげたい」と思ってくれています。
 KECの良いところは、先生や仲間が支えてくれるところです。だから、時には甘えてもいいのかもしれません。もちろん逆もあります。増えた荷物を背負ってあげると、互いに心が軽くなります。そんな先生や仲間の存在を大事にしてほしいと思うばかりです。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

「中学受験で学んだこと」

箸尾 香里奈さん

 私は中学受験で、自分が多くの人に支えられていることに気付きました。
 まず、お母さんとお父さんの支えです。6年生の途中で体力的にも精神的にもしんどくて何度も塾をやめる話をしたり、成績が下がったりしてすごくつらい期間がありました。でも、お母さんやお父さんに助言をもらってなんとか立ち直って頑張ることができました。また、お父さんは勉強を教えてくれることもあり、成績が安定しました。
 それから、先生や友達の支えもありました。冬の受験強化特訓でのリアル入試に落ちてしまって絶望していた時も、友達が「頑張ろう」と言ってくれたり、KECの先生にたくさんの助言をもらったりして、受験本番絶対に合格しよう、という強い気持ちで頑張れました。
 中学受験は自分が思っていた以上に、はるかに過こくだったけれど、まわりで応援してくれている人の支えを原動力にして最後、ゴールインすることができました。中学受験をすることによって、知識を得るだけではなく、もっと大切な友達の存在や、先生、家族の人たちと壁を乗り越えることのありがたさに気付けました。結果以上に、自分の過程を大切にして日々努力した人こそ、本当の意味で意義があった受験生活を送ることができると思います。だから、これから合格するために頑張っている人たちは、自分の努力を信じて応援してくれている人に感謝することを忘れないで頑張ってください。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

「中学受験の思い出」

安原 蒼さん

 私は、KECに入塾したころ、他の習い事もあり、特に理科と社会の勉強が追いついていませんでした。結果、夏の受験強化特訓でのリアル入試は不合格でした。とても悔しくて夏の夏期講習テキストを使って、再度一から解きまくりました。さらに、過去問演習がはじまってからは、過去問の解き直しを中心に猛勉強をしました。そして、11月のKEC実力テストで、ようやく理科の成績も上がり合格ラインに達することができました。最後の冬の受験強化特訓でのリアル入試で合格した時は、とてもうれしかったです。
 そして迎えた第一志望の大教大附天王寺中の入試では、緊張で自分の実力が出せませんでした。表向きには、切り替えているように見えて、内面ではずっと引きずっている自分を叱りながら、必死で勉強しました。KECの先生にひたすら添削をしてもらい、奈良女子大附中の入試本番では、安心して取り組むことができました。奈良女子大附中の合格がわかったときは、言葉にならないくらいうれしかったです。合格を報告したら、KECの先生方は涙を流し、一緒に勉強した塾の友達も心から喜んでくれました。
 私は、KECに入り、塾ってこんなに明るくて元気がもらえる場所なのだと知りました。うまくいかなかった時も、「蒼の努力は、きっと見てもらえる。」と言葉をもらい、勇気づけられました。中学受験を通して、苦しい時もありましたが、あきらめないこと、努力は無駄にならないことを学びました。この経験を忘れずに中学に行っても、友達を大切に、勉強やスポーツ共に頑張りたいと思います。

奈良女子大学附属中等教育学校/大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良学園中学校 合格

「コロナに負けない」

宮田 心帆さん

 2020年春、新型コロナウイルス感染拡大により学校が休校し、塾に行けない日々を送っていました。しかし、そんな中でもKECの先生方は、インターネットを利用した授業、オンライン自習室やチームミーティングなどの工夫をたくさんしてくれ、一人で頑張っているわけではないことを改めて感じることができました。さらに、学校が休校していることをポジティブに考え、自分が苦手なところを勉強しました。
 また夏と冬に、三密にならないように行われた受験強化特訓でのリアル入試で2回合格することができ、自信を持つことができました。
 いくら自信を持つことができても、受験初日が近づいてくると緊張してきました。その時、一緒に勉強してきたKEC生と励まし合いながら、勉強を続けました。そうすると緊張もほぐれて受験することができ、自分の力も出し切れました。奈良女子大学附属中等教育学校の合格発表のとき、「もし番号がなかったら」と考えながらおそるおそる目を開けました。自分の番号があり、無意識にガッツポーズをしていました。
 私は天才ではないので「コツコツ」努力することしかできません。その「コツコツ」を支えてくれたKECの先生方、そして何より中学受験をさせてくれて、いつも応援してくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。
 この中学受験の経験をふまえて、よりよい未来へ進むことができるように、これからも頑張っていきたいです。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。