合格実績

中学受験 合格体験記

大阪教育大学附属天王寺中学校 合格

「合宿で変わった僕の気持ち」

橋本 大樹くん(中大江小学校)

 僕は、六年生の夏休みのころからKECにお世話になりました。一番初めの作文講座は強く心に残っています。スポーツと勉強を両立していたため、一分一秒が本当に大切でした。自習室を利用したり、日スク、作文講座、副教科対策にも参加し、そして合宿にも行きました。どれもこれも、「合格」という二文字をつかみとるためには欠かせないものでした。その中でもやはり、合宿に参加してよかったな、と思いました。十二月二十八日~十二月三十日までの三日間。初日はいきなりリアル入試を受けました。二日目は、炎の特訓授業を受け、ふだんは教えてもらっていない先生からも教えてもらい、知識も増えました。夜にはリアル入試の結果発表があり、受かっていてうれしかったです。三日目も炎の特訓授業がありました。僕はみんなが勉強をしていたから、負けたらだめだ、と思い、一生けん命勉強しました。夜、部屋に入ってからも勉強しました。
 合宿で入ったスイッチのおかげで本番までたくさん勉強し、照準を合わせることができました。合格発表までは、緊張して足が地につかず、次の学校の受験勉強が手につかなかったりしました。発表の日は僕の受験番号があって、本当にうれしかったです。第一志望である、大阪教育大学附属天王寺中学校を合格できたのはKECでの努力のたまものです。

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良女子大学附属中等教育学校 合格

「やれる事は今やる!感謝!」

川島 楓さん(佐保川小学校)

 私が受験しようと決めたのは、五年の春休みです。受験させたくなかった両親を説得して、KECに入塾しました。初めは、わくわくする授業を楽しみに通っていました。
 しかし、受験はそう甘くはないと気付くようになったのは初めて受けた女子大模試のときです。思ったように解答できず結果はB判定。このとき、とてもショックを受けました。しかし、解き直しをまともにしていませんでした。これが後で苦労するもととなってしまいます。
 何より一番気合いが入ったのは、受験間近の冬合宿です。全員で雰囲気を作って受験の練習になりました。また、親、先生からの温かい手紙で最後のかつを入れられ、KEC生で本当に良かったと思いました。
 そしてむかえた入試。そして合格発表。学校から帰ってきた私は二階で受験番号を探していました。あったと思った瞬間にさけんで階段から落ちそうになるぐらいとてもうれしかったです。努力が実ったのです。
 合格したからこそ言える失敗は、今やれる事をどんどん後まわしにしてしまったことです。また、ずっと支えてくれた家族や先生に感謝を表していなかったことです。それに早く気付いていれば余裕の合格をつかめていたかもしれません。これからは、この二つを自分の教訓とし限界を設けず中学校の勉強を頑張りたいと思います。

奈良女子大学附属中等教育学校/京都教育大学附属桃山中学校/同志社国際中学校/奈良学園登美ヶ丘中学校(Ⅱ類) 合格

「限界は設けない」

小橋 楽くん(田辺小学校)

 ぼくがKECに入塾したのは、四年生の夏期講習で、その時は受験するという自覚をあまりもっていませんでした。受験したいと強く意識したのは、五年生の夏期講習でした。だんだんと勉強の量が増えてきたり、模試をみんなが受けるようになったりしたので受験を意識するようになりました。六年生になると、学校での活動も増え、塾で眠たくなったり、TVを見たくなったり、色々なゆうわくがあってその時、勉強するのが辛かったです。しかし、家族の支えや先生のアドバイス、KEC八訓七の「限界は設けない!自分は絶対できるんだと信じて取り組むこと」を心に入れ、勉強することができました。冬のリアル入試では落ちてしまい、とても悔しかったですが親からの手紙をもらったり、先生たちから熱いエールをもらったりしたので、最後の二週間全教科の解き直しと赤本の解き直しに全力をつくすことができました。そして京都教育大学附属桃山中学校の入試当日、今まで勉強してきた内容をしっかり頭に入れ、答案を書くことができたので、無事合格しました。とてもうれしかったですが、気をゆるめず、奈良女子大学附属中等教育学校の対策をして、合格することができました。自分の受験番号を見た時、本当にうれしかったです。
 合格することができたのも、家族や先生たちの支えがあったからなので、感謝を忘れず中学校生活をおくりたいです。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

「自分の気持ち」

佐々木 湊くん(奈良女子大学附属小学校)

 僕はあまり、勉強が好きではなく、そして得意でもありませんでした。そのため、テストなどでは、ほとんど、成績ものびていませんでした。
 そんな勉強をやりたくないというダラダラした生活を少しでもかえるために、KECの夏の合宿に行きました。ダラダラとすごしてきた僕にとって、とてもツラかったです。合宿の最初にはリアル入試がありました。あまりできたという実感はなく、合格していないだろうと思いました。
 しかし、予想と全く逆で合格していました。それで、いっきに自分に自信がつきました。家に帰ってからも合宿に行く前のようなダラダラとした生活は少なくなりました。
 11月には、最後の奈良女子大学附属中等教育学校模試がありました。そこで、今までの自信が、全く無くなってしまいました。AやB判定ではなく合格率の低いC判定、しかも、全体平均すらこせていませんでした。とてもくやしかったです。自信は、無くなってしまいましたが、最後、今までやってきたことをムダにしたくないと思い、ひたすらがんばりました。
 先生にとにかく赤本をやれと言われたので、赤本をくり返しやりました。
 受験当日は、自分をひたすら信じました。そして合格することができました。自分の気持ちや自信はとても大切というのが分かりました。これからも、この気持ちを大切にしたいです。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

「KECでよかった」

松本 悠汰くん(斑鳩東小学校)

 ぼくはKECに入った時は、あまり受験を意識していませんでした。でも、5年生になるとだんだん受験が身近に感じられ、6年生では受験で合格したいという意識が出てきました。6年生の夏休みには課題が出てやりきるのには苦労しましたが、夏に頑張ったおかげで秋に赤本でいい点がとれ、少し自信がつきました。
 KECの先生達は、実力テストや模試でどんなに点数が悪くてもその改善方法を教えてくれたり、はげましの言葉をかけたりしてくれました。また、KECには『KEC八訓』という人生で成功するための習慣を身につけるための言葉があり、その中の「限界は設けない!自分は絶対できるんだと強く信じて取り組むこと。」という言葉が、ぼくの支えになり、最後まであきらめないで取り組むことができました。さらに、KECには表現という記述力をつけるための授業があり、算数も国語も自分の考えを説明する練習がたくさんできました。そのおかげで奈良女子大学附属中等教育学校に合格できたと思います。
 奈良女子大学附属中等教育学校に合格できた時のぼくの気持ちは、喜びと安心の混ざった気持ちでした。受験の当日は、それまでに受けた学校は不合格でまだどこにも合格できていないという焦りもありましたが、大切なことは緊張しないことだと思います。学んだことは必ず力になっているので、最後までやりきることと、緊張しないためにリラックスできる自分なりの方法を考えておくといいと思います。最後まであきらめないで頑張ってください。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良の地元密着40年。アルバイト講師ゼロ。
奈良の受験環境を知り尽くしたプロの講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。

KECグループのご紹介