教育内容

カリキュラム

1年 2年 3年

・なんばんめ

・1/2の概念

・1000までの数

・分数と小数

・10000よりも大きな数

・分数と小数の概念

計算

・200までのたしざんとひきざん

・□を使って式を立てる

・線分図

・たしざんとひきざんの筆算

・かけ算の意味

・九九

・計算の順序

・大きな数と計算

・かけ算の筆算

・わり算(筆算まで)

・( )のある式

・□を使って式を立てる

・線分図

考え方を
広げる

・規則性(カレンダー)

・速さと距離につながるかけ算

・追いかける、追いつく(旅人算の考え方)

・1をわける(割合につながる考え方)

・間の数の数え方(植木算の考え方)

・仕事算

・規則性(数列の考え方)

・ニュートン算

量と測定

・時計

・長さ cm

・時計と時間・時刻

・水のかさ

・長さ cm,m 単位変換まで

・重さ g,kg,t 単位変換まで

・時刻と時間(24時制)

・時間を表す分数と小数

・水のかさ

平面図形

・ましかく・ながしかく

・三角形・四角形を見つけよう

・折り紙と対称図形

・かたちの構成・図形の規則性

・三角形と四角形(形の種類)

・平行と垂直

・折り紙と対称図形

・円の性質

・平行と垂直

・角と直角

・時計と角度

立体図形

・さいころの向かい合う面の数

・立方体の展開図と平行面

・積み木の数

・投影図

・回転体

・立方体と直方体

・積み木の数

・投影図

・回転体

・さいころの問題(応用)

・立方体と直方体

・立方体に色をぬって

・回転体と展開図

・球

ここが
ポイント!
イコールの意味

学校では、方程式(小6の終わり~中1)を習うときに「右辺と左辺」や「移項」を詳しく学習します。玉井式では小1のたし算をはじめて習うときから「=」は「右側と左側が同じ大きさ」という意味であることを学習します。

かけ算の意味

玉井式では、かけ算という計算方法の意味をしっかり学んだあとに「九九」を覚えます。まず、20×3+20×6=20×□といった問題を、計算に頼って解くのではなく「20のかたまりがいくつあるのか?」という概念で学びます。そしてその後「九九」を暗記します。

1をわける
(割合につながる考え方)

学校では、小5で割合を学習する時に、「1あたりの数量」(単位量あたりの大きさ)を学習します。玉井式では小2の終わりから3年生で「1をわける」という分数の基本的な考えを習うときに、「全体を1と考え、1つ分を求める」ということも学習します。

KECグループのご紹介