合格実績

高校受験 合格体験記

奈良工業高等専門学校(情報工学科、しなやかエンジニア教育プログラム) 合格

「頑張ってよかったこと」

杉山 咲さん(片塩中学校卒)

私は、二年生の夏期講習から入塾しました。塾に入ったら、以前に比べて勉強時間が増えて、教え方もわかりやすくて、成績がとても上がりました。それまでやったことがないような問題も教えてもらって、解ける問題が増えて、とても楽しかったです。
ですが私は吹奏楽部に所属していて、帰る時間が遅くなったり疲れていたりして、遅刻することが多かったし、授業中めっちゃ寝ていました。その分を授業後に残ってやったり、学校での休み時間を利用したりして、できるだけ理解できるようにしていました。他にも定期テスト前は、一週間前まで土曜日と日曜日の昼の時間が部活だったので、空いている時間と一週間前に詰めこみました。泣きながらやっていました。
とてもしんどくて、大変だったけど、先生にはげましてもらったし、家族からの支えもあったから、頑張れたんだと思います。
受験の時期に入って、部活で行けていなかった夏期講習や合宿の遅れを実感して、冬期講習も中々行けなくて、とても焦りました。社会がすごく苦手で、都道府県も覚えていないくらいで、これはまずいと思いました。でも部活と一緒にやっていたときのことを考えたら別に苦でもないなと思って頑張りました。
他の塾生の人たちに比べたら、いた時間もとても少なかったし、先生方にとても苦労をかけてしまったけど、私はそれで勉強と部活をやってこられたから、頑張ってきてよかったと、今心の底から喜べているのかなと思います。
これからしんどいことも増えてくるし、今大変な思いをしている人もいるだろうけど、少し手を抜いてもかまわないと思うので、頑張ってほしいです。その頑張った事実が、後で助けてくれると思います。

奈良工業高等専門学校(電子制御科)/近畿大学附属高等学校(特進文理Ⅰ) 合格

「リベンジ合格」

奥本 幹也くん(片塩中学校卒)

僕は、小学二年生までKECゼミナール五位堂教室で、その後五年生になって志学館ゼミナール高田教室に入りました。
最初のほうは、緊張して質問しにくかったけど、中学一年生になるとなれて、できるようになってきました。だから、中学からではなく、小学校のうちに入ってよかったと思います。
そして、中学二年生の夏の先生との懇談では高田でいいかなと思っていたのですが、いろいろ考え三年生の二学期の期末テストで奈良工業高等専門学校にいくことを決めました。そこからは木曜日以外は毎日塾に通い、分からない問題はないように質問をくり返しました。そして迎えた一回目のチャンス推せん選抜、理科と数学のみでその教科に偏りすぎた勉強でここまできました。終わってみると自分の中ではテストはほぼできて、面接も全ての質問に答えることができ、合格は十分できると思っていました。しかし落ちました。すごく悔しくて泣きました。でも、その日からも毎日塾に行きました。そして、二回目の五教科での一般選抜がやってきました。推せんとうってかわってとても緊張しました。結果、いつもとれている数学で大量に点を落としてしまい、もう落ちると思って内申点で他の子を上回っていることを願っていました。でも、やっぱり不安で、合格発表までの期間、公立の勉強が全くやる気がでませんでした。そして、合格発表の日、番号を上から手でかくしながら見ていくとなんと自分の番号があって今まで一番うれしかったです。
このことからやっぱり、推せんなどで落ちたとしても、早くきりかえた人の「勝ち」だということが分かりました。

奈良工業高等専門学校(機械工学科)/上宮高校(パワー)/奈良育英高校(選抜) 合格

「内申点」

大友 一馬くん(白鳳中学校卒)

僕は、奈良工業高等専門学校入試が終わるまで、とても心配だったことが一つあった。それは、二年生の内申点がとても低かったことだ。
だが、結果的には合格できたが、その合格発表があるまでは、とても心配で、もしも落ちたらどうしよう、内申点をもっと取っといたら良かった、多分落ちる、などといったネガティブなことしか頭に思いつかなかった。
だが、もし、内申点がもっとあったならばどうだっただろう。そうだったならば、とってもポジティブなことしか頭にうかばなかっただろう。
また、このKEC志学館ゼミナールで勉強ができて良かったと思う。
僕には、少しふわふわしていたときがあった。そのときに、先生に一度厳しく怒られた。そのおかげで、僕の心を真っすぐにしてもらい、このときのふわふわしていたことも正してもらえたと思う。
そこで正してもらえたことで、授業をより集中して受けられるようになった。

奈良市立一条高等学校(外国語)/近畿大学附属高等学校(特進文理Ⅱ)/奈良育英高等学校(選抜) 合格

「自分を信じてやりきる」

細見 侑生くん(片塩中学校卒)

僕は、中学三年生六月ぐらいに入塾しました。人生初めての塾、そして他の子より塾に入るのが比較的遅くて、最初は本当に大丈夫か心配していました。それでも志望校に合格できました。それについて僕は志学館で学んできて重要なことがいくつかあったと思います。
一つ目は、塾に入ってしたことが、問題点やわからないことをロードマップなどに書き出して、しっかり整理をして時間の配分を的確にしたことです。時間は戻らないので的確に大事にしたいです。僕はサッカーもしていたので、その時間もこみで上手くロードマップなどを使いこなしてほしいです。
二つ目は、僕は分からない問題があれば、それが自分で説明できるようになるまでは、とことんわかるまで質問しました。先生方は的確にわかるまで説明してくれるので質問する事を恐れず、どんどん質問してください。
最後は、両親や先生方、お世話になった人への感謝を忘れず、自分を信じて自分に嘘をつかずにすることだけだと思います。時には不安になったり、授業中眠たくなったりもしますが、自分の頑張ってやってきたことを信じて周りの人や先生方、家族に感謝しながら頑張ってほしいです。

西大和学園高等学校 合格

「みんなの支えで夢叶う」

木南 晃太朗くん(八木中学校卒)

僕にとって受験勉強の日々は、全てが苦痛でした。自由にテレビを見られない、眠たいのに寝られない。本当に全てが嫌になりました。
その時に助けてくれたのは、先生や周りの友達でした。先生は僕のことを一番分かってくれていて、困っている時にすぐに助けてくれるし、しんどい時に励ましてくれて大きな支えになりました。自分がもう無理と思った時に、周りで頑張っている友達がいたから乗り越えることができたと思います。やっぱり仲間は大切だと思いました。
受験勉強は今まで生きてきた中で比べものにならないほど辛くてしんどいものでした。しかし、今思えば、それがあったおかげで自分は人として大きく成長したと思います。
最後にこれからの受験生へ、先生たちの言うことを信じて、それを実行すれば絶対大丈夫です。先生たちはみなさんのことを一番分かってくれています。仲間を大切にしてください。一緒に戦っている仲間がいるから、頑張れるし、大きな壁を乗り越えることができます。そして、最も大事なものは心です。どうしようもないことがこの先あると思います。そんなときに諦めてしまったらそこで終わりです。周りの人がどんなに助けてくれても、結局自分が変わらないと何も変わりません。だから諦めない強い心を持ってください。受験、頑張ってください。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良の地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くしたプロの講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。

KECグループのご紹介