教育内容

玉井式国語的算数教室のしくみ

授業は1回60分です。アニメーションは、「キャドック王国」を舞台に魅力あふれるキャラクターが織りなす物語。次の回が楽しみになる連続したストーリー構成です。宿題、実力確認テストもあります。

1回の授業構成

1. きほんのおはなし

新しく学習する単元の導入です。アニメーションの物語を見て、基本的な考え方を楽しく学びます。アニメーションを見終えたら問題演習をします。

アニメーション → 問題
アニメーション イメージ画像
プリント イメージ画像
クリックすると拡大します。

2. ものがたり算数

ストーリーのあるアニメーションを見たあとで、アニメーションの内容と連動している算数の問題に取り組みます。楽しいストーリーの中には、算数の考え方や解き方が組み込まれているので、あとで解く問題のヒントになります。アニメーションのイメージが頭に残った状態で問題に取り組むことで、頭の中でイメージを構築する力=「イメージング力」が養われ、自分で考え表現する力が身に付きます。また、学習する回によってはアニメーションではなく、ストーリーを文章で読み解くトレーニングも行います。反射・反復のドリル型学習だけでは養えない問題内容を理解する力が向上します。

アニメーション → 問題
アニメーション イメージ画像
プリント イメージ画像
クリックすると拡大します。
プリント イメージ画像
クリックすると拡大します。
ヒントアニメーション

問題につまずいた場合はヒントアニメも用意されています。

アニメーション イメージ画像

3. かたちの形

ほぼ毎回の学習に組み込まれている「かたちの形」は、平面・立体図形や展開図といった図形の問題に取り組みます。テキストだけでは理解が難しい内容も、アニメーションで図形が立体的に動いている様子を見ることができ、紙面上では見えない部分をイメージする力がつきます。

アニメーション → 問題
アニメーション イメージ画像
プリント イメージ画像
クリックすると拡大します。
プリント イメージ画像
クリックすると拡大します。

宿題冊子

授業内容に連動した宿題冊子にご家庭で取り組んでいただきます。授業内容の復習・計算練習など、1週間で30~40分程度の宿題が出ます。また「アプローチシート」でご家庭での取り組み方もアドバイスします。

実力確認テスト

月に1回程度、確認テストを実施します。玉井式オリジナルのテストは問題量も質も小学校のテストとは異なりますので、習い始めは最後まで解ききれない生徒がほとんどです。それでも回を重ねるうちにしっかり取り組めるようになり、得点も上がっていきます。

KECグループのご紹介