This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

京都府立南陽高等学校附属中学校
合格体験記

南陽高等学校附属中学校 合格

「先生の一言で」

仲田 瑞希さん

中学受験コースのページへ

    私は、6年生からKECに通い始めました。4年生から家庭で勉強をしていましたが、はじめの方は分からない問題ばかりでとても苦戦していました。ところが初めての実力テストでは良い成績がとれてしまいました。そのせいで「自分はかしこいんだ」と思ってしまい、実力テストの点数は下がり、リアル入試も不合格になり、合格できる自信がなくなってきました。しかし、冬期受験強化特訓のリアル入試合格発表後の先生の「リアル入試で不合格でも、死にそうなくらい頑張った人は合格している。」という言葉を聞いたことで、私にもまだ希望があると感じ、もっと頑張ろうと思いました。
    まず、今までの赤本の解き直しや、「Road Map」で赤本を取り入れたスケジュールをつくりました。朝は計算するようにし、自習室を毎日利用しました
    受験当日、とても緊張していましたが、学校の入り口でKECの先生やKEC生を見て、「みんなと頑張ったのだから自信を持って受けよう。」と思えました。
    私は受験を通して、一つの目標に向かって毎日少しでも努力し続けることの大切さを強く実感しました。これからも目標に向かって努力していこうと思います。KECのみなさんと共に受験当日まで努力をしてきたことで最高の結果を得ることができました。とてもうれしいです。本当にありがとうございました。

    南陽高等学校附属中学校/奈良女子大学附属中等教育学校 合格

    「努力は必ず報われる」

    秋山 勝汰さん

    中学受験コースのページへ

    ぼくは、5年生の12月にKECに入塾しました。最初のほうは実力テストの点数もあまり良くありませんでした。しかし、夏期講習で自分の解けなかった問題を徹底的に解き直しして、解けるようになることで、8月の実力テストではとても良い成績がとれました。ぼくは、そのときに、「努力は必ず報われる」ということを実感しました。その後もそのことを信じてひたすら努力し続けました。その後、KECオリジナルの計画手帳「合格ロードマップ」を使ってより効率的に計画的に勉強しました。
    そして、受験が近くなるにつれて、今までにない緊張感で授業を受けるようになりました。また、家族や周りの先生方もこれまで以上にたくさん支えてくれるようになりました。
    いよいよ受験当日。当日はただ「努力は必ず報われる」「努力は裏切らない」ということを信じて、1年間必死に勉強してきた力を出し切りました。そして、合格が分かったとき、合格の嬉しさよりもまず、1年間支えてくださった周りの先生方への感謝の気持ちが思い浮かびました。
    KECでは、模試やリアル入試、※春スペなどの本番と似たものを受けられます。このような経験のおかげで全力で挑めたと思います。
    ぼくは、受験を通して、努力し続けることの大切さを実感しました。KEC生として、合格をつかめたことを嬉しく思っています。
    ※4月に開催される全教室合同で行われる学習イベント

    京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

    「自分を信じて」

    小塚 美紀さん(木津川市立木津小学校)

    中学受験コースのページへ

       六年生の六月終わりごろに私は入塾しました。入塾したころは、全く勉強ができなくて授業の内容も理解できずにいました。入ったばかりだったので、知識が少なく宿題をするのにたくさんの時間がかかりました。まずは基そ力をつけていかなければなりませんでした。授業で先生が言っていることを理解することがとても大変でした。

       ですが、家に帰って復習することで、徐々に授業についていけるようになりました。私は国語をがんばっていました。最初はHクラスでしたが、実力テストで良い点をとれるように努力しました。すると、SHクラスに上がれました。そこで私は自信がつき、勉強をもっとがんばろうと思うようになりました。
      家族からは、夏期・冬期講習のお弁当作り、勉強ができる環境作りをしてもらい、友達からは、はげましの言葉をかけてもらいました。だから、合格発表を見て、嬉しいという気持ちと共に、ありがとうという気持ちになりました。
      これら私の受験生生活を通して伝えたいのは、最後まであきらめないことです。最後まであきらめずに努力すると受からなくても、後悔しないと思います。とにかく、全力で取り組むことが大切です。受験が近づいてくると、きん張しがちですが、最後の最後まで、落ち着いて取り組んでください。塾の先生方、丁ねいに勉強を教えてくださりありがとうございました。

      京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

      「KECと挑んだ中学受験」

      梅田 愛梨さん(山田荘小学校)

      中学受験コースのページへ

         私は五年生の頃にKECに入塾しました。入塾してすぐの私は授業で習った内容を自分のものにするためにどういう勉強をしたらよいのかあまり分かっていませんでした。そんなときにKECの先生から「復習」と「解き直し」という言葉を聞きました。その言葉を聞いて私は授業後に、習ったことの復習と解き直しをして授業で習った内容を自分のものにしていきました。そうすることで四教科の成績が上がり、内容が分かっていったので授業や勉強がとても楽しくなっていきました。

         私がKEC生で良かったと思ったことは、全ての先生が私たち生徒にていねいに教えて下さり、心から応援して下さっていたことです。私が分からない問題を質問したときにも分かりやすく教えて下さりました。
         私が受験勉強をするときにいつも心がけていたことは「ポジティブ」に考えることです。成績に伸びなやんだり、分からない問題があったりして「自分は合格をつかみ取ることができるのだろうか」とネガティブに考えてしまったこともありました。でも、そんな時はKECの八訓の五「『しんどい』『ムリ』『ダルイ』は禁止、ワクワクするホジティブワードを使うこと」を思い出し、「大丈夫、自分は絶対に合格できる」とポジティブに考え直すようにしました。
         一月十三日、ついに南陽高等学校附属中学校の試験でした。試験では私が苦手な問題も出ていて、少しあせってしまいましたが、先生の「自信をもって」という言葉を思い出し冷静に解き終えることができました。合格発表で自分の番号を目にしたとき、嬉しさで涙が出そうになりました。
         私は、中学受験というすばらしい体験をさせてもらって良かったと思っています。KECの先生方、お父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

        奈良女子大学附属中等教育学校/京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

        「気持ちを一本!!」

        野内 稀広くん(精華台小学校卒)

        中学受験コースのページへ

        ぼくは、算数や理科が好きで、実力テストなどの点数は、いいほうでした。しかし、社会は悪く、偏差値は一番悪い時で四十六でした。しかし、奈良女子大学附属中等教育学校の解答を先生に伝えると、後二十四、五点はとれていると思う、と言われました。これには、こんなことが関係していると思います。
        ラストスパートは、社会オンリーでした。そのとき、周りから見るとあまり必死に見えなかったと思いますが、自分では必死に思っていました。それでも、徳川二代将軍ってだれだっけ?というレベルでした。しかし、もっともっと覚えたい!!と思って、必死に勉強しました。
        そしてむかえた入試の日、問題に向かうとき、緊張して横からにらむのではなく、落ち着いて正面から進むようにしました。そして合格発表!!結果、京都府立南陽高等学校附属中学校、奈良女子大学附属中等教育学校とも受かっていました。とてもうれしかったです。
        大切なのは気持ちだと思います。やはり、ほかのことなどが少しでも頭にあると、結果は変わってきていたと思います。そこで伝えたいのは、「気持ち一本」です。どんな問題が出たって正面から進む!!覚えるときや、問題演習のときは頭の意識をにがさない!!これが大切だと思います。そして、これをすることによって合格につながっていくと思います。※休憩はゆっくりしてください

        京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

        「最後まであきらめずに」

        北村 茉央さん(梅美台小学校卒)

        中学受験コースのページへ

          私が、KECに入ったのは、五年生の三月ごろでした。入ってすぐは、授業内容が全然分からなかったですが、解き直しを時間をかけてていねいにすると、先生の話が分かるようになりました。
          昨年度の京都府立南陽高等学校附属中学校の入試問題を解いてみると、国語はまあまあできましたが、算数は四割もとれなくて、「京都府立南陽高等学校附属中学校の合格は無理だな」と思いました。
          合宿のリアル入試では、マーキングを徹底して全力をだしましたが、合格判定がでなくてすごく悔しかったですが、「泣くより、本番に向けて勉強しよう」と思いました。
          本番まで二週間、マーキングを徹底しました。マーキングをすることで、特に国語が簡単に感じました。本番が近づくにつれ、焦り始めて、何度も「一年前に時間が戻れ」と思いました。
          そして、本番。何度もKEC八訓を心の中で唱えました。どの教科も自分の全力をだせましたが、合格発表まで怖くて怖くて常に、不安な状態でした。
          合格発表に行って自分の番号を見つけた時「最後まで頑張ってよかった」と涙が流れました。
          私が、受験を通して伝えたいことは「最後まであきらめない」ということです。送りむかえをしてくれたお母さん、最後まで分かりやすく教えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

          KEC OFFICIAL SNS