合格実績

青翔中学校の合格体験記

青翔中学校/聖心学園中等教育学校 合格

「受験、やってよかった」

杉田 來見さん(葛小学校卒)

 私がここに入塾した時、何もわからなかった。急に勉強量も宿題も増えた。他の皆に追いつくこともできず、テストの点数もとれなかった。ずっと、ずっと、合格できないと思っていた。でも、こんなことを思っていたのは5年生までだった。6年生になると、急に勉強量が増えて追いつかなくなった。
 今までずっと苦労もしたし、辛かった。やめたいとも思っていた。けど、やめることができなかった。どうしても受かりたかったから。急に勉強をやめたくなくなった。ずっと辛かったけど、やめたかったけど、やっぱり「やり切りたい」、この言葉が、私に勇気をくれた。志学館生でよかった。
 八訓の中で印象に残っているのは、「七」。特に限界は設けない!が残っている。この言葉がなければ、限界を作ってしまう。そこで終わってしまう。けど、設けないという言葉があったから私は勝てた。やってよかった。
 私は、家族に感謝している。いつも応援してくれた。第一志望校には合格できなかったけど、第二志望校には合格できた。本当によかった。何もできなかった私を家族が変えてくれた。感謝の気持ちしかない。ありがとう。
 次受験する人はがんばって。特に奈良女子大学附属中等教育学校、青翔中学校は時間が短いから。大阪教育大学附属天王寺中学校は速さが難しいから。この1年間、辛いと思う時はいっぱいある。けど、他の皆も思うことはあるからあと1年、1年で人生も変わるからがんばって。

青翔中学校/智辯学園中学校(AB総合) 合格

「頑張った2年間」

河合 慎之介くん(明日香小学校卒)

 ぼくは、KECに4年生の冬期講習から入塾しました。4年生の時は、中学受験をしようとは思ってもいませんでした。でも、5年生の時、将来の夢について考える時間があり、その時に「薬剤師」になろうと思い、中学校から理数に力を入れている青翔中学校を志望して、またこの塾で智辯学園中学校を見学する機会があり授業の様子などを見て智辯学園中学校も良いなと思い志望しました。そして青翔中学校に似ている解答のやり方だった奈良女子大学附属中等教育学校も志望しました。
 5年生の時は、勉強をサボってしまったり宿題を忘れてしまったりしたけれど、6年生になって勉強をサボったり宿題を忘れたりすることは減り、志望校合格に向けて勉強しました。夏期勉強合宿や冬期勉強合宿のリアル入試で両方とも受かってうかれていたけれどこれは本当の入試ではない、と思い前よりも志望校合格に向けてたくさん勉強をしました。カウントダウンをきり、ラストスパートに入ってますますやる気が上がっていきました。たくさんの記述問題や過去問もしました。残念ながら奈良女子大学附属中等教育学校はすべってしまいくやしかったけれどそのくやしさをバネにして合格をつかみ取ることができました
 後輩たちは、あと1年位勉強ができるから自分たちが出せる本気を出しきってたくさんの体験をして第一志望に合格してほしいと思います。

奈良県立青翔中学校 合格

「努力は必ず実る」

岡田 柚乃さん(広陵北小学校)

 私は、奈良女子大学附属中等教育学校、奈良県立青翔中学校に受かりたい!と思って、五年生からがんばってきました。けれど五年生の時は、みんなと遊びたいなと思っていました。勉強があまり好きではありませんでした。でも実力テストでランキングにのるとすごくうれしくがんばってよかったと思えるようになりました。ついに六年生になり、受験する年になりました。実力テストが、Bテストになりいい点数がとれなくて、いやになりました。けれど、先生たちが声をかけてくれて次がんばろうと思え勉強をはじめました。すると前よりいい点数がとれてすごくうれしかったです。先生たちも喜んでくれました。私は日スクをとらないことにしました。けれどそれは私にとってはいい判断だったと思いました。おちついて毎週、毎週勉強できました。いつも日曜日は朝から塾に行って勉強していました。すると、先生たちが「いつもがんばっていてえらいね。」といってくれてそれが自信につながりました。O先生が冬期合宿の時、「一番柚乃が努力してたな。」といってくれ、中学受験の日までがんばれました。先生たちの言葉によって、私はがんばれました。質問にもすぐに答えてくれ、理解できました。第一志願の奈良女子大学附属中等教育学校には合格できなかったけど、奈良県立青翔中学校に合格できてよかったです。合格した時は泣きくずれました。あきらめずに続ければ努力は実ります。がんばれ次の受験生たち!!

  1. 1

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。