合格実績

京都府立南陽高等学校附属中学校の合格体験記

南陽高等学校附属中学校 合格

「努力してつかんだ合格」

髙本 心さん(木津小学校卒)

 6年生の6月に入塾した私は、受験に関してほぼ知識はありませんでした。全ての教室に貼られている合格実績のポスター。来年はあのポスターに載れるかもしれない。と軽い気持ちでいました。6月の実力テストでは、国語は5割で算数は3割もとれず、理科・社会は4割と可笑しいくらいの点数をとってしまいました。それでも、授業の解き直しを大切にして、8月の実力テストで、成績向上賞では2科目・4科目共に、教室1位になれました。
 合格のためになったと思うことは、勉強合宿です。夏のときも冬のときも、朝の8時ごろから夜の9時、10時ごろまで授業があり、休み時間も質問や解き直しをしたので、すごく大変だったけれど、私は勉強が好きなので楽しかったです。冬のリアル入試は夏とは違って不合格でした。家族や先生から期待されていたのに、とても申し訳ない思いになりました。
 KEC八訓の三に、「人の良いところを真似して積極的に自分の学びに変えること。」があります。思い返せば私は、いろいろな人の勉強法を真似してきたと思います。最強の...とはいかないけれど、1人ひとりにあった勉強法を見つけることが大切だと思います。
 私が南陽高等学校附属中学校に合格できたのは、塾でかかるお金を払ったり、毎日送り迎えをしてくれたりした両親や、いつも前向きなアドバイスをしてくれるKECの先生のおかげです。本当にありがとうございました。

京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

「最後まであきらめずに」

北村 茉央さん(梅美台小学校卒)

私が、KECに入ったのは、五年生の三月ごろでした。入ってすぐは、授業内容が全然分からなかったですが、解き直しを時間をかけてていねいにすると、先生の話が分かるようになりました。
昨年度の京都府立南陽高等学校附属中学校の入試問題を解いてみると、国語はまあまあできましたが、算数は四割もとれなくて、「京都府立南陽高等学校附属中学校の合格は無理だな」と思いました。
合宿のリアル入試では、マーキングを徹底して全力をだしましたが、合格判定がでなくてすごく悔しかったですが、「泣くより、本番に向けて勉強しよう」と思いました。
本番まで二週間、マーキングを徹底しました。マーキングをすることで、特に国語が簡単に感じました。本番が近づくにつれ、焦り始めて、何度も「一年前に時間が戻れ」と思いました。
そして、本番。何度もKEC八訓を心の中で唱えました。どの教科も自分の全力をだせましたが、合格発表まで怖くて怖くて常に、不安な状態でした。
合格発表に行って自分の番号を見つけた時「最後まで頑張ってよかった」と涙が流れました。
私が、受験を通して伝えたいことは「最後まであきらめない」ということです。送りむかえをしてくれたお母さん、最後まで分かりやすく教えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

京都府立南陽高等学校附属中学校/奈良教育大学附属中学校/京都橘中学校 合格

「支えられて掴んだ合格」

花田 祐貴くん(井手小学校卒)

僕は、勉強することが大嫌いです。大、大、大、大嫌いです。そんな勉強嫌いの僕が、なぜ三つの中学校からご縁を頂けたのか。それは、支えてくれた「家族」「先生」がいたからです。
まずは、家族。家族の中でも特に母は、僕が「合格」という切符をつかめるように支えてくれました。自習の前に食べるお弁当を作ってくれたり、色々な勉強方法を教えてくれたりしました。また、僕には自称「天才」の姉がいます。そんな姉に刺激されて、さらに勉強に励みました。
そして、先生。僕は勉強することが大の苦手だったので、先生と相談の末、毎日自習室を十時まで利用することに決めました。自習室を利用していると、各教科の先生にどんどん質問できるようになりました。先生たちは、わかりやすく、わからない所を、トコトン優しく教えてくださるので、ドシドシ質問してみて下さい。国語で、どんな解答を出しても改善策を教えてくれた先生。算数のわからないところを、ていねいに教えてくれた先生。いつもパワフルで面白い先生。いつでも相談に乗ってくれた先生。たくさんの先生方が僕のことを支えてくださっていました。
今、この合格体験記を読んでくださっている次の受験生のみなさんにも、たくさんのKECの先生があなたを合格にみちびけるように、おしみない努力をしてくださっています。何度立ち止まってもいい。でもあきらめないでがんばってください!!「未来を変えるのは君自身だ!」

奈良女子大学附属中等教育学校/京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

「気持ちを一本!!」

野内 稀広くん(精華台小学校卒)

ぼくは、算数や理科が好きで、実力テストなどの点数は、いいほうでした。しかし、社会は悪く、偏差値は一番悪い時で四十六でした。しかし、奈良女子大学附属中等教育学校の解答を先生に伝えると、後二十四、五点はとれていると思う、と言われました。これには、こんなことが関係していると思います。
ラストスパートは、社会オンリーでした。そのとき、周りから見るとあまり必死に見えなかったと思いますが、自分では必死に思っていました。それでも、徳川二代将軍ってだれだっけ?というレベルでした。しかし、もっともっと覚えたい!!と思って、必死に勉強しました。
そしてむかえた入試の日、問題に向かうとき、緊張して横からにらむのではなく、落ち着いて正面から進むようにしました。そして合格発表!!結果、京都府立南陽高等学校附属中学校、奈良女子大学附属中等教育学校とも受かっていました。とてもうれしかったです。
大切なのは気持ちだと思います。やはり、ほかのことなどが少しでも頭にあると、結果は変わってきていたと思います。そこで伝えたいのは、「気持ち一本」です。どんな問題が出たって正面から進む!!覚えるときや、問題演習のときは頭の意識をにがさない!!これが大切だと思います。そして、これをすることによって合格につながっていくと思います。※休憩はゆっくりしてください

京都府立南陽高等学校附属中学校 合格

「KECと挑んだ中学受験」

梅田 愛梨さん(山田荘小学校)

 私は五年生の頃にKECに入塾しました。入塾してすぐの私は授業で習った内容を自分のものにするためにどういう勉強をしたらよいのかあまり分かっていませんでした。そんなときにKECの先生から「復習」と「解き直し」という言葉を聞きました。その言葉を聞いて私は授業後に、習ったことの復習と解き直しをして授業で習った内容を自分のものにしていきました。そうすることで四教科の成績が上がり、内容が分かっていったので授業や勉強がとても楽しくなっていきました。

 私がKEC生で良かったと思ったことは、全ての先生が私たち生徒にていねいに教えて下さり、心から応援して下さっていたことです。私が分からない問題を質問したときにも分かりやすく教えて下さりました。
 私が受験勉強をするときにいつも心がけていたことは「ポジティブ」に考えることです。成績に伸びなやんだり、分からない問題があったりして「自分は合格をつかみ取ることができるのだろうか」とネガティブに考えてしまったこともありました。でも、そんな時はKECの八訓の五「『しんどい』『ムリ』『ダルイ』は禁止、ワクワクするホジティブワードを使うこと」を思い出し、「大丈夫、自分は絶対に合格できる」とポジティブに考え直すようにしました。
 一月十三日、ついに南陽高等学校附属中学校の試験でした。試験では私が苦手な問題も出ていて、少しあせってしまいましたが、先生の「自信をもって」という言葉を思い出し冷静に解き終えることができました。合格発表で自分の番号を目にしたとき、嬉しさで涙が出そうになりました。
 私は、中学受験というすばらしい体験をさせてもらって良かったと思っています。KECの先生方、お父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。