合格実績

大阪教育大学附属平野中学校の合格体験記

大阪教育大学附属平野中学校/大谷中学校/桃山学院中学校 合格

「私を支えてくれた人」

堀内 美鈴さん

 私が受験を終えて一番強く感じたことは、ここまで来ることができたのは私を支えてくれたすべての人のおかげだということです。
 4年生から6年生までのKECの実力テストでは一度もランキングにのったことがなく、特に6年生になってからは実力テストが返ってくるたびに自分の中でこの成績でいいのかという合格までの大きな壁を感じました。しかし、心が折れそうになった時には先生がいつでも相談にのってくれ、仲間と一緒に励まし合いながら頑張ったので、どんなにつらいことがあっても前向きに進むことができました。また、5年生、6年生の夏にはほぼ毎日自習室に通ってたくさん先生に質問をし、友達とも協力して問題を解きました。時には理解ができずに何度も質問をしたけれど、先生は丁寧に私が理解するまで教えてくれたので成長ができたのだと思います。KECの受験強化特訓では、仲間と共に泣いて笑ったし、先生、家族がどれだけ私のことを思ってくれているのかをいつもより強く感じました。
 最後の最後まで、仲間と共に戦ったし先生方や家族に支えられてきたので自分の受験番号を見つけ、友達と一緒に合格できた時にはとてもうれしかったし、家族、先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。けれど、KECをはなれるのはとてもさみしいです。私が大教大平野中学校に合格することが出来たのは、仲間、先生そして家族のおかげです。私は本当にKEC生で良かったなと思いました。

大阪教育大学附属平野中学校 合格

「感謝の気持ちしかない!」

中島 衣知花さん(桜ヶ丘小学校卒)

 私は4年生のときにKECに入塾しました。入ったときから算数がとても苦手で、授業についていくのが大変でした。6年生になると、受験生なのにこのままではマズイという危機感が私の中に出てきました。そこからは、積極的に先生に質問に行くようになり、それまで以上に何事にも全力で取り組むようになりました。苦手だった算数も少しずつ分かっていくようになりました。それでも、実力テストやKECの模試では、いつも算数が足を引っ張りました。そんな私のためにKECの先生たちは補習や質問対応など、いつも支えてくれました。とてもありがたかったです。
 そして入試本番。前半戦の試験では、なかなか自分の力を発揮できませんでした。落ちこむ私にがんばる勇気をくれたのは、KECの先生方や一緒に勉強をがんばってきた仲間でした。大阪教育大学附属平野中学校の発表の日、学校に入ったしゅん間、自分の番号を見つけたときはこれまでにない程うれしかったです。私以上に、先生が喜んでいる顔を見て、「これまでがんばってきて良かったなぁ」と思いました。 
 私は今、感謝の気持ちでいっぱいです。家族や先生方、一緒に戦ってくれた仲間。様々な人に支えられて合格できました。感謝の思いしかありません。私を支え続けてくれてありがとうございました。

大阪教育大学附属平野中学校 合格

「立ち直れる心」

竹村 思惟くん(二上小学校卒)

 ぼくがKECゼミナール五位堂教室に入ったのは、6年生の6月のときでした。入塾するのがおそかったので、授業では先生の言ってることが全然分からなくて、得意になれる教科もなく不安でした。実力テストでも志望校判定はつねにDかEでした。しかし、そんな中でも先生や友達、家族が支えてくれたおかげで勉強をやめずにがんばることができました。そして、9月にあった秋のスペシャル大集合の算数でランキングにのることができ、自信になりました。
 ぼくが、大阪教育大学附属平野中学校に合格できたのは何があってもくじけずに立ち直れる気持ちをKECの先生方や友達、家族があたえてくれたからだと思います。第一志望校である大阪教育大学附属天王寺中学校に落ちてしまって、落ちこんでいたときにでも、先生はぼくをはげましてくれて、最後の最後まであきらめずにがんばることができました。KEC八訓にあるように「自分だけでなくまわりの幸せを考えた人間関係を作ること。
 合格することが人生のゴールではないので、中学校に行っても中学受験から学んだことを生かし、仲間といっしょに夢をかなえたいです。最後に、合格へと導いてくださった先生方、ありがとうございました。この道をいっしょに歩んだ友達や家族もありがとう。

育英西中学校(立命館・特設)/大阪教育大学附属平野中学校/智辯学園奈良カレッジ中学部(S選抜) 合格

「自分を信じるという魔法」

栗本 彩羽さん(真美ヶ丘西小学校卒)

 私が受験をしようと決めたのは小6の春でした。入塾したすぐのころは得意科目もなく、極端に言えば全教科苦手という状態でした。でもそんな私が「合格」という現実を味わうことができたのは、KECの先生方のサポート、そして家族・友達が支え続けてくれたからだと思っています。このような人たちのおかげで、私が結果が悪く、すごく落ちこんでいたときも、前を向いて頑張り続けることができました。だから私は、自分の受験番号を見つけたときに、喜びと、周りの人への感謝の気持ちがあふれてきました。今、合格できたのはなぜだろうと考えると、もちろん日々の行動に表れる努力だと思いますが、もっと大切なのは、「自分を信じる気持ち」だと思います。先生や家族は試験を受けることができません。そのため、最終的に信じられるのは自分しかいないということです。と中で夢をあきらめるのではなく、自分を信じる強い気持ちを持ち続けることが合格へとつながっていくと思います。
 私は中学受験をしてよかったと思いました。私を合格へと導いてくれた先生方、そしてこの1年間支え続けてくれた家族・友達に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
限界は設けない!自分は絶対できるんだと強く信じて取り組むこと
これからも自分を信じ続けます。

大阪教育大学附属平野中学校/奈良学園登美ヶ丘中学校(Ⅱ類) 合格

「合格するために大切なこと」

辻本 あさひさん(三郷小学校卒)

 入塾当初のテストでは、周りの子の高い点数と比べて落ち込むばかりでした。しかし、もうこんな悔しさを味わいたくない、と思うようになり、勉強に対する態度が変わっていきました。その努力が実り、6年の時の算数のクラス分けでは、上位クラスに入ることができました。私が塾に入った時に一番点数が悪かったのが算数だったので、とてもうれしく、自信がつきました。でも、6年生の時に行った夏期勉強合宿と冬期勉強合宿で、2回ともリアル入試に落ち、とても悔しかった思い出もあります。そんな時に心の支えになったのは、両親や、塾で一緒に受験と戦っている友達でした。しんどかったことや、辛かったことを何でも言い合える友達もいて、はげましあうこともありました。
 また、冬期勉強合宿で先生と二者面談をした時に、この先生は本気で私を合格させようとしてくれているのだな、と感じ、私の合格への意識が一気に高まり、KEC生でよかったな、と心から思えました。そこからそれまで以上に本気で勉強をするようになり、志望校合格という願いを叶えることができました。
 これから受験をするみなさんには、絶対に家族と塾の先生や友達への感謝を忘れてほしくないです。自分一人で戦っているわけではありません。家族や塾の先生、友達を頼ってください。私もいろんな人を頼るようになってから、勉強に対してのやる気やモチベーションが上がるようになりました。最後になりましたが、KEC生で本当に良かったです。KEC生として頑張ってきたから合格できたと思います。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。