合格実績

大阪女学院中学校の合格体験記

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良学園登美ヶ丘中学校/大阪女学院中学校 合格

「理想の自分に近づくために」

羽鳥 璃子さん

 私は、この中学受験生活を後悔していません。今はやりきった、という自信があります。しかし、最初から順調だったわけではありません。周りの子と比べてばかりいて、自分にあまり自信がありませんでした。受験生になった6月実力テストの算数で悔しい思いをし、そこから自分の中で特にスイッチが入りました。大切な夏の期間もさらに本気で取り組みました。とはいえ、すべてが思い通りに進むわけではなく、悔しい思いもたくさんしました。でもそんな時、私を支えてくれたのは家族や先生たち、負けたくないと思えるライバルでした。今まで自分の力だけでここまでやれたのではないからこそ、やはり合格したいと強く思い、周りの子と比べるのではなく、自分の納得のいく点数をとるための勉強をしました。その時に、はじめて理想の自分が現れた気がしました。
 まだまだ限界を超えられる気がしたので、ラストスパート期間はさらにさらに自分を追い込みました。常に本気で、後悔しないようにやりこみました。自分が納得するまでやりこんで、ここまでやったら受かる、と思える状態をつくろうと思い、一生懸命勉強に取り組みました。そこでまた、自分の思う「理想の自分」に近づけて、大教大附天王寺中の受験当日の自信につながり、緊張の中にも安心を少し作った中で試験に挑むことができました。
「この1年間常に『理想の自分』と戦ってきた」という言葉、受験本番の2日前に先生からもらった言葉です。この言葉が、私の最後のさらなるモチベーションになりました。今、本当にうれしいです。合格はやっぱり自分の力で勝ち取ったから。

大谷中学校(特進)/大谷中学校(凜花)/大阪女学院中学校 合格

合格までの道のり

扇田 純里さん(敷島小学校)

 私は小学三年生の時に塾に通い始めました。小学三年生の時は受験のことについては何も考えていませんでした。考え始めたのは四年生の二学期くらいでした。最初は奈良女子大学附属中等教育学校を受けようと思っていました。理由はお父さんが奈良女子大学附属中等教育学校で自由な中学校だったのでいいなぁと思い受けてみようと思いました。その時、ソフトボールを習っていて中学校になってもソフトボールを続けたいと思っていたけど、奈良女子大学附属中等教育学校はソフトボール部がなかったので奈良女子大学附属中等教育学校を受けることをあきらめました。そこから少し悩んで帝塚山中学校を受けることにしました。帝塚山中学校はレベルが高すぎて合格点に一回もとどかずあきらめました。先生やお父さんと何度も相談をして「プール学院中学校」か「大阪女学院中学校」か「大谷中学校」か「近畿大学附属中学校」といわれて私は大阪女学院中学校と大谷中学校を選びました。みんなより赤本を始めるのが遅くても合格コンシェルジュや平常授業のおかげで合格することができました。
 KECの塾を選んでよかったと思うしゅんかんは、先生たちと今後のことについて話している時合宿のリアル入試だと思います。五年生の夏から合宿に行っているけどリアル入試に一度も合格したことがありません。それでも受かるというのは最後の合格する気持ちとこれまで教わってきたことを全力ではっきすれば合格するはずです。

  1. 1

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。