合格実績

大谷中学校の合格体験記

大阪教育大学附属平野中学校/大谷中学校/桃山学院中学校 合格

「私を支えてくれた人」

堀内 美鈴さん

 私が受験を終えて一番強く感じたことは、ここまで来ることができたのは私を支えてくれたすべての人のおかげだということです。
 4年生から6年生までのKECの実力テストでは一度もランキングにのったことがなく、特に6年生になってからは実力テストが返ってくるたびに自分の中でこの成績でいいのかという合格までの大きな壁を感じました。しかし、心が折れそうになった時には先生がいつでも相談にのってくれ、仲間と一緒に励まし合いながら頑張ったので、どんなにつらいことがあっても前向きに進むことができました。また、5年生、6年生の夏にはほぼ毎日自習室に通ってたくさん先生に質問をし、友達とも協力して問題を解きました。時には理解ができずに何度も質問をしたけれど、先生は丁寧に私が理解するまで教えてくれたので成長ができたのだと思います。KECの受験強化特訓では、仲間と共に泣いて笑ったし、先生、家族がどれだけ私のことを思ってくれているのかをいつもより強く感じました。
 最後の最後まで、仲間と共に戦ったし先生方や家族に支えられてきたので自分の受験番号を見つけ、友達と一緒に合格できた時にはとてもうれしかったし、家族、先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。けれど、KECをはなれるのはとてもさみしいです。私が大教大平野中学校に合格することが出来たのは、仲間、先生そして家族のおかげです。私は本当にKEC生で良かったなと思いました。

智辯学園中学校/大谷中学校 合格

「あきらめずがんばることの大切さ」

野一色 華鈴さん(耳成南小学校卒)

私は、3年生の時にKEC志学館ゼミナールに入塾しました。5年生の時に受験クラスに入りました。そして、苦労したことは、算数の速さと四角問題の計算が一番苦手でした。
何回も先生に聞いて、ていねいに教えてくださったので理解できて自信がつきました。KEC志学館八訓の中で一番心に残っているのは、「しんどい、無理、だるいは禁止、ワクワクするポジティブワードを使うこと」の言葉です。それから、しんどい、無理とかを言うことがなくなりました。
質問をするとすぐに教えてくれ、友達との教えあいでの成長も出来たのでKEC志学館生で良かったと思いました。家族にも勉強を教えてもらったり、成績が悪い時でもあきらめず、頑張れって応援してくれたことが支えになりました。
合格した時の気持ちは、とてもうれしくて本当に受験をしてよかったと思いました。志望校に合格できたことがとてもうれしかったです。分からない問題があっても毎日くり返し勉強をし、あきらめず頑張ることの大切さを受験を通して学びました。
これから受験を迎える後輩の皆さんへ、受験までの一年間はとても早いので毎日、計画を立てて、問題を解いて分からない所があれば先生に聞いてくり返し問題を解いてください。

大谷中学校(特進)/大谷中学校(凜花)/大阪女学院中学校 合格

合格までの道のり

扇田 純里さん(敷島小学校)

 私は小学三年生の時に塾に通い始めました。小学三年生の時は受験のことについては何も考えていませんでした。考え始めたのは四年生の二学期くらいでした。最初は奈良女子大学附属中等教育学校を受けようと思っていました。理由はお父さんが奈良女子大学附属中等教育学校で自由な中学校だったのでいいなぁと思い受けてみようと思いました。その時、ソフトボールを習っていて中学校になってもソフトボールを続けたいと思っていたけど、奈良女子大学附属中等教育学校はソフトボール部がなかったので奈良女子大学附属中等教育学校を受けることをあきらめました。そこから少し悩んで帝塚山中学校を受けることにしました。帝塚山中学校はレベルが高すぎて合格点に一回もとどかずあきらめました。先生やお父さんと何度も相談をして「プール学院中学校」か「大阪女学院中学校」か「大谷中学校」か「近畿大学附属中学校」といわれて私は大阪女学院中学校と大谷中学校を選びました。みんなより赤本を始めるのが遅くても合格コンシェルジュや平常授業のおかげで合格することができました。
 KECの塾を選んでよかったと思うしゅんかんは、先生たちと今後のことについて話している時合宿のリアル入試だと思います。五年生の夏から合宿に行っているけどリアル入試に一度も合格したことがありません。それでも受かるというのは最後の合格する気持ちとこれまで教わってきたことを全力ではっきすれば合格するはずです。

  1. 1

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。