奈良で小学生の個別指導ならKECへ

TOPICSトピックス

  • 小学生・中学生・高校生対象:夏期講習(2021年度)
  • 奈良県No.1に選ばれ続ける理由
  • 小学生対象:プログラミングをマイクラの世界で体験 プロクラ
  • オンライン個別指導授業

FEATURE小学生の個別指導の特徴

小学生の個別指導の特徴

才能開花の土台を作り、
自分で学習する習慣を身につける。

小学校低学年は、心も脳も柔軟な時期。適切な才能開花教育を行い、子どもたちの可能性を大きく広げます。小学校高学年では、自ら目標設定できる基本姿勢と自信を養い、自立学習の地固めと学力向上を目指します。

才能開花の土台作り

学ぶ楽しさに目覚める才能開花教育を行い、一人ひとりの才能を引き出し、可能性を大きく広げます。

学ぶ意欲・学習習慣の定着

「わかる!→楽しい→がんばる→さらによくわかる!」という前向きな意識サイクルと学習習慣を定着させます。

自立学習習慣の確立

答えを導き出すプロセス理解と集中力養成を大切に、自分で目標設定して自ら学ぶ姿勢を習慣化していきます。

苦手科目克服

学力や理解度に合わせた個別指導で、苦手科目を徹底学習。「わかる喜び」と「できる嬉しさ」が自信を育てます。

中学受験対策

奈良だけでなく、近畿圏内の中学受験情報が豊富なKECグループのノウハウを活かし、志望校合格を実現する中学受験対策を実施しています。

TOPICS

変わる中学入試

「表現力・思考力・判断力」を問われる入試へ。大学入試改革で表現力・思考力・判断力が問われる入試スタイルへ変化。

表現力・思考力・判断力を養う個別指導

大学入試改革にともない、中学入試においても「表現力」や「思考力」が問われる問題が増加傾向にあります。

2019年の中学入試では、大教大附属平野中学校、奈良女子大附属中学校では「ディベート・ディスカッション」が、大阪教育大附属天王寺中学校、京都教育大附属桃山中学校、奈良教育大附属中学校では「作文・記述」が、奈良女子大附属中学校では「表現科目入試」が、取り入れられています。

高校入試においても記述が増加し、問題が長文化。これからの入試における「表現力」の重要性が高まっています。

表現力・思考力・判断力を養う個別指導

KEC OFFICIAL SNS

  • LINE
  • Twitter
  • facebook