教育内容

【小学部】カリキュラム:わくわくまなぶライト

小学生の間に身につけておくべき四つの力を育む!わくわくまなぶライト

小学生の間に身につけておけば、中学校や高校に進学してもスムーズに学習を進めることができる四つの力があることをご存知ですか?わくわくまなぶライトでは80分の授業の中で計算、読書・音読、書写、パズルを扱い、小学生の間に身につけておくべき計算力・言語能力・記憶力・空間認識能力・論理的思考を育みます。

計算

計算力は練習を重ねれば重ねるほど、正確にかつ速くできるようになります。わくわくまなぶライトでは、限られた時間の中で正確に計算する練習を繰り返します。計算を速く正確にできることは、将来的にみるとルールを守って正確な作業ができる力につながります。

読書・音読

文字という情報から、多くの知識を得て理解する力を養成します。学習の教科書や参考書は絵や図よりも、文字の方が圧倒的に多く、問題なども文字によって構成されています。したがって、国語や英語などの言語学だけでなく、算数・理科・社会という教科においても読解力は必要な力となります。将来的には、高い情報収集力と情報整理能力へとつながります。

書写

文字を正しく覚え、整えて書く力を養います。お手本をまねて書くことによって、新しい言葉を覚えられ、原稿用紙の使い方や正しい言い回しも身に付きます。書写は一見単純作業のように思えますが、脳の活性化に非常に役立ち、育ち盛りの小学生の子どもたちには最適です。

パズル

右脳を使うトレーニングです。パズルや図形的問題を楽しみながらクイズのように練習し、地図を正確に読み取る力や立体図形を正確に把握する力をつけ、論理的思考力を養います。

ご注意事項
  • ワクワクまなぶライトは1対2の個別授業ではありません。
  • KEC志学館個別では現在、開講していません。

KECグループのご紹介