【大阪公立大学(旧大阪府立大学、旧大阪市立大学)編】学校情報&合格勉強法!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220801KEC%E5%80%8B%E5%88%A5%E5%A1%BE%E3%83%8A%E3%83%93%E6%A7%98%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B02%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB-2.jpg

奈良県の高校生向け人気の塾・学習塾&予備校ランキングで見事1位を獲得!

大手塾比較サイト”塾ナビ”において、KEC個別KEC志学館個別が『奈良県の高校生向け人気の塾・学習塾&予備校ランキング』で1位を獲得しました!!(2022年8月1日時点)

大学ってどんなところ?

みなさん、こんにちは!

2022年度、KEC個別・KEC志学館個別から、大阪公立大学へ合格者が出ました。

当塾は大阪公立大学に進学した講師が多数在籍しており、大阪公立大学への対策がしっかり行えます。

そこで、大阪公立大学生に、「大阪公立大学ってどんなところ?効果のあった勉強方法は?」とインタビューをしましたので、ぜひ、ご覧ください。

大阪公立大学ってどんなところ?(※施設などはキャンパスによってかわります)

図書館が縦に大きい

◆良くも悪くも昔ながらの「今風過ぎない」大学らしさがあって、疲れないところは嬉しかった。

◆大阪公立大学に変わったことでキャンパスがどんどん綺麗になっていると思います。トイレ等も綺麗になっていっており、利用しやすくなっています。

天王寺駅が近いので大学やサークルからの帰りに友人とショッピングやカフェに行くのが楽しいです。

◆学生課と教育推進課が学生に優しいという点です。半期ごとに授業振り返りがあり、そこで生徒の講評と共に教員の講評も行われるのですが、その際に意見として挙げた不都合な点は次の学期までに教員に伝えられ、改善されていることも多いです。

◆キャンパスが真っ平らなので学内を自転車で移動しやすいのは個人的には良い点だと思います。

◆副専攻が充実していること。また他学類専門科目という他の学類(学科)の科目を取る必要があり、様々な分野について学べる

教育面でのサポートが手厚い

とのことです。学習や研究しやすい環境が整っているのが魅力的ですね。

※上記のものは現役/既卒生からのコメントの一部です(2022年8月現在)。

※感じ方には個人差があります。オープンキャンパスなどで実際に確かめに行きましょう!

大阪公立大学合格勉強法例

◆英単語は、文章中でよく使われる形で覚える。

◆社会は、細かく深く問われる入試対策なら、一問一答で、語句や人名を答えるのではなく、逆に語句や人名を説明できるレベルまで頭に叩き込む(私立対策としては効いた…平均くらいしか取れなかった日本史が関関同立で9割くらいまでいったので)。

◆単語帳や日本史などの暗記系は、1週目から覚えようとせずに、とりあえず全く覚えてなくてもいいから1周することが大事だと思います。2周目に入ってからも覚えようとせずに、とりあえず読み進めていってその結果何周もすれば勝手に覚えていると思います。1周目にかかる時間が1番長い思うので諦めずにがんばって読みきってください。

◆使い慣れた参考書などで繰り返し演習する。短い時間で効率的に解き方などを定着させることができる。

◆過去問の間違えた問題をノートにまとめる方法で勉強をしてみると、社会の成績が上がりました。まずは色々な勉強法を試してみることを生徒や後輩に伝えています

◆わたしが個人的に良かったと思う勉強法は問題集の答えを見ないことです。問題に取り組んでいて分からないものが出てきた時にすぐに答えを見てしまうことも多いと思いますが、そうすると手近な答えをただ見て覚えただけになり、実際身についていないことが多かったです。そのため、問題集でわからないものは教科書や図録、自分の過去のノートなどあらゆるものを使って調べて解いていました。そのようにすることで自分の中で問題に対する理解が深まるとともに、その周辺知識なども同時に身につけることができたので、結果として入試での応用がききやすかったように思います。

◆過去問を解いて、その倍の時間を復習にあてる。まとめノートを作って、分からなかった単語と、その単語から連想で思い浮かんだ単語や、似ている単語なども調べて書いておく

◆各科目の勉強時間の割合を考えて1週間単位で計画を立てて、それを手帳に書いて可視化する。週1で調整日を作り、その日はゆとりのある計画にしておく。

◆解くために覚えるというより、人に説明すると思って勉強すると理解が深まったので、苦手な暗記科目も覚えられました。

◆使う参考書やテキストが増えてくると情報が散漫になるので、そういったときだけルーズリーフやA6サイズのノートにまとめていました。何度見ても覚えられないもの、解けない問題も1枚(1冊)にまとめることで、何度も調べる手間が減る上、いつでもどこでも復習でき便利でした。

小論文は決まった何人かの先生に添削を持っていくこと。自分のときは環境系の文章が多かったので、国語の先生に文章の添削、社会か理科の先生に内容についての添削をしてもらっていました。

ぜひ、みなさんも試してみてくださいね。

大阪公立大学合格への対策方法を詳しく知りたい方はコチラをクリック!

教室スタッフがあなたに合った学習方法やカリキュラムをご提供します。

大学の合格実績、合格体験記はコチラをクリック!

KEC OFFICIAL SNS

  • LINE
  • Twitter
  • facebook
ページトップへ戻る