合格実績

中学受験 合格体験記

大阪教育大学附属天王寺中学校 合格

納得のいく答案

稲垣 陽奈太くん(大教大附属天王寺小)

ぼくは、記述力がなかったのでKECに入塾しました。KECに入る前は、自分が受験するのだから、自分でがんばらないといけないと思っていましたが、KECに入ってからは、まわりにも支えてもらっているんだと分かりました。両親やKECの先生はもちろん、習い事の先生や弟も応援してくれました。

 ぼくの場合三回テストがあるのですが、一回目は本当にひどい点で、もう終わりだと思いました。しかし二回目のテストのときは、順位が一気にのびました。なぜなら、テストを受ける前の夏休みに、自分がその中学校に行った姿を想像して苦手な算数を勉強したからです。三回目のテストは一番重要なので、テストの前に先生が手紙をかいてくれました。教室が休みなのにわざわざ先生はぼくに算数を教えてくれました。その日にもらった手紙には「納得のいく答案をつくっておいで」と書かれてありました。ぼくはテスト当日、自分の「納得のいく答案」を作って帰ってきました。その結果、「納得のいく答案」はぼくを合格へと導いたのです。

 これから受験するみんなに、ぼくは、それぞれの「納得のいく答案」を作ってほしいと思っています。ぼくは、先生がぼくにくれたこの言葉のおかげで合格できました。こんな先生がいるKECで勉強できて、ぼくはうれしいです。みなさんも「納得のいく答案」を作ると、必ず合格へと導いてくれます。

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良女子大学附属中等教育学校/大阪教育大学附属天王寺中学校/西大和学園中学校 合格

合格への道のり

藤原 壮麻くん(俵口小学校)

僕は、5年生のときに受験をすると決め、KECに入りました。しかし、そのときは軽い気持ちでいました。僕の心にスイッチが入ったのは春スペです。軽い気持ちでいたものの、テストは真剣に取り組みました。結果は2位。そのとき僕にはある一つの気持ちがこみあげてきました「くやしい‼」。隣でトロフィーをもらっている女の子の顔を見ているとくやしさでいっぱいになりました。負けずぎらいだった僕は、「夏期合宿では絶対優勝する!」と心に決めました。
そして、夏期合宿では、猛勉強のかいがあって見事1位をとることができました。しかし、これが失敗でした。僕はすっかり舞い上がってしまい、どんどんテストの成績が下がっていきました。特に、初めて赤本を解いたときはそれを実感しました。僕は、大教大天王寺の算数で33点をとってしまったのです。本当にショックで泣いてしまいました。さらに、歴史力検定では2位だったため、夏期合宿の結果にうかれていたことに深く反省し、気持ちを切り替えました。その結果、たいへんだった赤本もやりぬくことができ、冬期合宿で優勝し、小6初の夏・冬2連覇を達成しました。去年、生駒教室の中3生が夏・冬2連覇を達成したときから、僕は夏・冬2連覇を達成したいなと思っていたので、その願いがかなってとてもうれしかったです。
でも、僕はうかれませんでした。むしろ、気をひきしめて真剣に勉強に取り組みました。おかげで、正月特訓でもA判定をとることができ、合格への自信がつきました。僕は、普段から緊張しすぎて手や声がふるえ、待ち時間は何回もトイレに行く始末。これでは入試当日はどれだけ緊張するのだろうと、いつも不安に思っていました。しかし、入試当日は、いつも明るい友達のN君が僕をはげましてくれたことで緊張がとけ、入試を楽しむことができました。結果は3戦3勝。すべて合格することができました。僕は、合格が決まったとき、何が起きたか分からず、自分が合格したと分かったときは、言葉に表せない喜びがこみあげてきて、家に帰ってから、近くにあった紙に自分の心情を書きまくり、喜びをかみしめました。
僕が、このように合格を勝ち取ることができたのは、KECの先生たちのおかげだと思います。先生は、僕が西大和学園を受けると言い出すと、記念受験なのに先生は僕に特別課題を出してくれ、分からないところは先生がていねいに教えてくれました。また、解説を読んでも理解できないところは、先生が別解を教えてくれました。だから、僕は合格できたんだと思います。~後輩のみなさんへ~僕が合格するために必要だと思うことは二つあります。一つ目は、「くやしい」という気持ちを持つことです。「くやしい」という気持ちは自分を成長させくれます。僕も、「くやしい」という気持ちを持ったことで、二度も成長することができました。二つ目は、入試を楽しむことです。入試でいつも以上の力を出すことはできません。むしろ、いつもより力を出せない人の方が多いのです。だから、100%の力を出そうと力まずに、入試を楽しんでください。

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良女子大学附属中等教育学校 合格

マーキングの大切さ

長野 友哉くん(生駒東小学校)

ぼくは、入試が終わって、マーキングが大事だと感じました。なぜなら、入試のときにマーキングをしていなければ、うっかりミスをしてしまい、その問題を落としていたかもしれないからです。例えば、天王寺の社会の問題では、正式名称のロシア連邦と答えなければならないところがありました。この問題をロシアと答えてしまう人もいると思います。ぼくは、マーキングをしたことによって、そのミスを防ぐことができました。
このことからマーキングが大事だと教えてくれたり、「あせるなよ」と注意をうながしてくれたKECの先生方に感謝をしています。そして、受験勉強を支えてくれた家族や友達に感謝をしています。合格することが出来て、みんなで喜びを分かちあえて良かったです。

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良女子大学附属中等教育学校 合格

あきらめない心

鈴木 詩大くん(佐保台小学校)

ぼくは大教大模試や女子大附中模試、実力テストで思うような結果が出なかったことに最も悩みました。そして結果が出ない自分が嫌すぎて、「もう受験をやめたい。」と言ってしまいました。KECでI先生にそのことを伝えたら、きちんと話を聞いてくれ「詩大は俺の教え子やからな。」と言ってくださいました。その言葉に、ぼくを支えてくれる人がいるということを今さらながらに気づかされました。このように、KECの先生たちは生徒たちの意見を聞き、解決に導いてくれる素晴らしい先生です。今、受験勉強をがんばっているみなさん、KECの先生たちをどんどん使っていきましょう!(笑)
ぼくがKEC八訓で最も重要だと思うのは、第七条の「限界は設けない!自分は絶対できるんだと強く信じて取り組むこと。」です。みなさんもぼくのように心がポキッと折れることもあると思いますが、経験上、限界を設けてしまうと後悔することになります。まさか大教大天王寺に、女子大附中に受かるなんて思いませんでしたから...。限界を超えた先には何が待っているのか、それは自分の目で確かめてください!(きっと、自分のためになりますよ。)入試は緊張するでしょう。しかし『ここまでやった!』という達成感があれば大丈夫!がんばれKEC生!

大阪教育大学附属天王寺中学校 合格

充実した時間

吉川 倫世さん(當麻小学校)

私は、5年生の夏から、KECに通いはじめました。赤本を解きはじめるまでは、出された宿題やまちがえたところの解き直しだけをし、習いごとにも行きながら過ごしていました。特に分からない問題もなく、実力テストも良い結果が続いてました。しかし、赤本の算数を解いてみると満点の4分の1ほどしかとれませんでした。算数が満点だった模試もあり、算数は得意教科だったので、とても落ちこみました。
KECの先生は「解き直しを徹底すれば大丈夫」とはげましてくれました。それから私は解き直しを徹底し、課題を出してもらい、質問をしに何回も行きました。そして、前年度の赤本では、合格点を上回るようになり自信がつきました。そして良い調子で入試本番を迎えることができました。入試は、とても緊張するだろうと思っていましたが、模試と似たような環境での試験だったのでリラックスして受けることができました。
合格できたのは、私が勉強しているときは静かにしてくれた家族や、アドバイスをしてくださった先生方のおかげだと思います。私はKEC生で良かったと思います。なぜなら、楽しみながらも充実した時間を過ごすことができるからです。また、解き直しを徹底するということを学べたのも良かったと思います。新しい学校でのスタートを自信を持ってふみ出したいです。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

大阪教育大学附属天王寺中学を目指すならKEC。
中学受験を知り尽くしたプロの講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。

KECグループのご紹介