合格実績

中学受験 合格体験記

大阪教育大学附属天王寺中学校/聖心学園中等教育学校(英数Ⅰ類) 合格

「KECへ行けてよかった事」

今中 陽翔さん

僕は4年生のころ、他の塾に通っていて、5年生のころからKECに通い始めました。前の塾で習ったけど分からなかった単元、KECで初めて習った単元などの基本的な問題が多めに出題される5年生のころの実力テストでは高い点をとれていました。しかし、6年生になってから単元の応用的な部分も多く出題される実力テストになり、国語、算数、理科、社会の全ての教科で得点が下がってしまい、受験を諦めようとしたこともありました。
そんな中迎えた夏の受験強化特訓。3日間、先生の熱血指導、特別なテキストで猛特訓したり、「合格ロードマップ」で細かく予定を組み込んだりしたことにより、大きな自信をつけることができました。
そこから挫折もありましたが、そのたびに先生方や周りのKEC生に元気をもらい、夏と冬の2回のリアル入試で合格することもできました。
受験の日、不安はなく、自信が満ちあふれていました。先生のはげましの言葉を胸に、全力を出し切り、無事に合格することができました。
僕が受験当日に自信を持てたのは、支えてくれた家族、友達、先生に恩返しをするぞ、という強い気持ちで臨めたからです。KECハ訓を1から8まで徹底することでも自信を得ることができました。本当にKECという最高の塾に出会えてよかったです。

奈良女子大学附属中等教育学校/帝塚山中学校(英数)/奈良学園中学校(特進)/奈良学園登美ヶ丘中学校(Ⅰ類) 合格

「人事を尽くして天命を待つ」

私は入塾したての頃、実力テストの点数が良く、自分は賢いと思っており、このままでも奈良女子大附属中等教育学校に行けると、心のどこかで思って、あまり真剣に勉強していませんでした。
しかし、春スぺで国語以外の教科が上位に入らず、自分は井の中の蛙だったと知り、初の挫折を味わいました。その時の焦りをきっかけに、受験勉強への姿勢が変わりました。それでも、模試や夏のリアル入試では納得のいく結果が得られなかったり、冬のリアル入試では不合格になったりと、辛いことも多かったです。そんな中でも投げ出さずに、努力し続けられたのは、先生達が親身になって一緒に考えてくれたり、両親がお弁当作りや送迎といった応援をしてくれたりしたからです。また、八訓の「限界は設けない。自分は絶対できるんだと強く信じて取り組むこと。」という言葉は、普段の教室とは異なる環境で支えられました。1日1日を無駄にしないようロードマップを最大限活用し、自分のやるべきことをやりきりました。
中学入試解禁後は、良い結果も悪い結果もありましたが、それまで必死にがんばってやりきった自分や、私を信じてくれている両親や先生達のおかげで最後まで自信を持って戦いぬくことができました。私は受験を通し、やりきることは自信につながると学びました。このような経験を得る機会を与えてくれた両親に感謝しています。

大阪教育大学附属天王寺中学校 合格

「支えてもらったから」

加藤 結萌梨さん

私は小学5年生の春からKECに通い始めました。KECの先生に、初めて受けたテストの成績から志望校とする学校を勧められて大教大附天王寺中、奈良女子大附中を受けることに決めました。5年生の間は「受験生」の意識は全くなかったので、少し結果が悪くてもあまり焦りはありませんでした。しかし、6年生に進級すると、少し周りとの差が生まれるようになり、どうすればいいのか分からなくなることがありました。特に冬期リアル入試では「不合格」で、本番への不安がさらに大きくなりました。それでも、私が諦めずに勉強し続けられたのは先生のおかげでした。解き直しを頑張るとすごくほめてもらえたり、苦手単元をはっきりさせてくれたりしたことは、学力だけではなく自信へもつながっていました。
ついに受験当日。とても緊張していましたが、今までの努力を思い返すと自然と「自分はできる」と思え、全力で取り組むことができました。第一志望であった大教大附天王寺中の合格が分かったとき、本当に本当にうれしい気持ちでいっぱいでした。そして、一番近くで支えてくれた家族、私を成長させてくれた先生、何度も励ましてくれた友達への感謝の気持ちを大切にしようと思いました。
KECは楽しんで学べる場です。ただの勉強ではなく、明るい雰囲気で授業がされていて、「塾に行くのが楽しみ!」と思える程です。自分一人で勉強するのではなく、たくさんの人に支えられて苦痛のない環境で勉強できたことが、合格へとつながったのではないかと思います。
私は中学受験を通して、たくさんの人に支えられていることへの感謝の気持ちに気付きました。中学受験がゴールではないので、まだまだ支えてもらうことはたくさんあると思います。その度に努力を忘れないようにしようと強く思いました。こんなに楽しいKECの一員として合格できたことを本当に誇りに思います。支えてくれた皆さん、ありがとうございました。

奈良女子大学附属中等教育学校/奈良学園中学校(特進)/奈良学園登美ヶ丘中学校(Ⅰ類) 合格

「たくさんの人の支え」

坂井 楓さん

私は、3年生の頃からKECに入塾しました。入塾したばかりのころは楽しく勉強することができていました。しかし学年が上がるにつれて、勉強がだんだんと難しくなり中学受験についても真剣に考えなければならなくなりました。5年生の頃の模試や実力テストでは比較的良い点を取れていましたが、6年生になると模試や実力テストでの点数が下がり悩んだことが多々ありました。
それでも何とか頑張ろうと一生懸命に勉強をし続けましたが、夏期受験強化特訓、冬期受験強化特訓のどちらでも合格点まであと少しのところでリアル入試で不合格となってしまいました。私は自分自身に自信を持てなくなりました。そんな時家族や先生が支えてくれました。
先生は、私が問題を解く時の弱点について教えてくれました。その弱点について、先生はとてもサポートをしてくれました。そのおかげで私は自分の弱点を直すことができ、勉強についてしっかりと向き合うことができたと思います。また家族は、私の体調を心配して徹底的にサポートしてくれました。しんどい時や落ち込んでいる時はとても元気づけてくれました。だから勉強をより一層がんばることができたと思います。
その結果、私は第一志望校に合格できました。本当に多くの人の支えがなかったら合格することはできなかったと思います。だから中学受験をする人は、誰かを頼って勉強をがんばってください。

大阪教育大学附属天王寺中学校/奈良女子大学附属中等教育学校/清風南海中学校(特進) 合格

「笑う門には福来る」

伊藤 凪紗さん

私は5年生の夏からKECに通い始めました。5年生や6年生の初めの時は良い成績が取れていました。しかし、6年生の秋ごろになると思うように結果が出なくてとても落ち込んでしまいました。そんな時、先生が「凪紗らしく、笑いなさい」と言って下さいました。
この先生の言葉があったから、私は受験当日まで自分らしく笑って過ごすことができたと思います。また、自分らしくいられる中学校に行きたいと改めて思い、一層勉強に励むことができました。
ラストスパートでは、赤本の解き直しを徹底しました。国語は作文を見直し、算数などはKECの赤本解説動画を繰り返し見ました。
そしていよいよ受験当日、第一志望の大阪教育大附属天王寺中の一次試験当日になりました。しかし、KECでは模試やリアル入試など入試当日の緊張感が感じられる機会がたくさんあったこともあり、当日は緊張せずに全力を出すことが出来ました。そして合格したとわかった時、支えてくれた家族や先生方への感謝の気持ちでいっぱいになりました。
私は受験を通して、「笑う門には福来る」ということ、自分らしくいることの大切さを学びました。これからも笑顔を絶やさずに自分らしくいようと思います。本当にありがとうございました。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

大阪教育大学附属天王寺中学を目指すならKEC。
中学受験を知り尽くしたプロの講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。