EXPERIENCE大学受験 合格体験記

大阪大学(工学部) 合格

ただまっすぐに、前へ。

加藤 空知くん(奈良女子大学附属高校卒)

中高一貫の学校に通っていたこともあり、高校生になると目に見えて成績は下がりました。高校受験が無いことに対する油断があったのです。自分が考えていた以上に授業は難しく、「これから先どう勉強すれば順調に進められるだろうか」と、心底悩みました。KEC個別では、そんな胸中の不安を全て吐き出し、講師の方々と一緒に自らの現状をしっかり分析し、短期的な目標に向けて着実に進むことができました。高3の1月、センター試験が終わった後も、二次試験に向けた学習を全力でサポートしていただきました。
高2の終わりにさしかかった頃、伸び悩んでいた教科が納得のいく点数を取れるようになった時、私は「ただまっすぐ進んでいけば良い」と思えるようになりました。過去の自分にも、今日の自分にもとらわれず、ひたすら前に進んでいけば、必ず結果が出る。悩んで立ち止まって時間を潰すのではなく、落ちついて周りを見て、自分に今必要なことを選び取って、それらを確実に行ってゆく。私がKEC個別に支えられ、共に歩んできた3年間で見つけた、自分なりの答えです。不安も悩みも、まず手を動かしても自分のしていることを信じて突き進めば、いつか綺麗に消えて、次のステップに進む勇気に変わると、そう考えています。
日々の勉強と合格までの道のりを支えてくれたKEC個別には、本当に感謝しています。ありがとうございました。

広島大学(理学部 化学科) 合格

KECに入って変わったこと

中東 祐貴さん(一条高校卒)

私は、高校3年の8月まで部活動を行っており、本格的に受験勉強を始めることができたのは8月末からです。時間が限られている中で、私がKECを選んだ理由は、KECの講師の方の接しやすさと質問に対して正確に分かりやすく解答してくださるからです。また、自分の質問に対してだけではなく、プラスαとして授業では習わないけれど、入試によく出題される問題や、別解も多く教えていただいたりなど、勉強はもちろん、入試に必要な情報を得ることができました。
また、自習室が完備されている点において、私は学校の閉校時刻まで学校で自習をして、その後KECの自習室で自習する習慣を身につけていました。1日に集中して勉強する時間をできるだけ多くするために、自習室はかかせない場所です。
KECの講師の方と自習室の存在が私の合格に繋がったと思います。

近畿大学(経済学部) 合格

何年後にも繋がる自信

井ノ口 翔太くん(西の京高校卒)

僕は、高校3年生の5月の後半にKEC生になりました。入った当初は、英語がまったくと言っていいほど出来ておらず、受験勉強に対しての漠然とした不安感がありました。
しかし、KEC個別に毎日通うにつれて、その不安感はなくなっていきました。
なぜなら、自分の成長を切に感じたからです。KECの講師の方々は、とても親身になって、教えてくれて、先生も本気で取り組んでくれていました。
授業環境はもちろんのこと、自習室も生徒が集中できる場所になっていきました。
結果、まったく読めなかった英語が読めるようになり、苦手意識のあった英語も今では大好きな科目の一つです。英語の成績がだんだん上がっていくことが自信になり、勉強が楽しくなってきました。また、勉強ばかりではなく、先生や友達との交流のあったことで受験のストレスに押しつぶされることなく、快適な環境で学ぶことができました。
KECでは、勉強以外にも、とても多くのことを学びました。僕を支えてくれた親、先生、友達には感動の気持ちでいっぱいです。
KEC生で良かった。ありがとうございました。

近畿大学(経営学部)/近畿大学(国際学部)/立命館大学(経営学部 国際経営学科) 合格

受験に勝つために

仲嶋 渓さん(一条高校卒)

受験に勝つために必要な事は、『夢』だと思います。夢を本気で追いかけていれば、自然と目標ができるし、努力もすると思います。大学受験は夢の通過点にすぎず、勉強は大学に受かるための手段にすぎません。
ただ、漠然と勉強しているだけでは得るものは少ないと思います。
夢を見据えて勉強することで努力し続けることの大切さ、成長することの嬉しさを知ることができました。僕はKECで2年間、そうして頑張ってきました。将来の夢から逆算して、どういう大学のどういう学部を選ぶべきか、また大学受験に勝つためにどういう努力をするべきか、自分でじっくり考えたり、講師の先生や塾長と話し合いしました。後は、自分で考えて作ったその道を、努力してたどるだけです。考えた通りに行かないこともありましたが、夢という大きな目標があれば、努力して修正できます。
KECは、思考力、決断力、実行力がつきます。自分で道を作り、自分で進むからです。もちろん、先生方はアドバイスをくれますが、道の根底には自分の考えがあります。そうして得た能力は、社会に出ても役に立つと思います。大学合格を目標にしていては、そこで終わります。その先にある自分の夢、将来を見据えて大学受験、頑張ってください。

近畿大学(経営学部 商学科) 合格

スタートは1日10分から

水野 早紀さん(一条高校卒)

私は、8月の半ばまでハンドボール部でずっと部活をしていました。部活から帰ってくるといつも21時近く、疲れて勉強も十分にできていませでした。家庭学習の時間もほぼ0に近い状態でした。
しかし、2年の秋ごろに大学紹介や大学巡りなどがあり、強く影響され、自分が好きで得意な英語の勉強だけは怠らないようにしようと思い、英単語の小テストには力を入れていました。どれだけしんどい日でも10分は単語帳を見るようにしていました。
そのおかげでもう少し勉強しないといけないという焦りから月・水・金は自習室に通うようになりました。受験期に入ってから急に集中して勉強することは、難しいと思ったのでとりあえず座学を習慣づけるためです。
「受験にはフライングもスピード違反もない。」という言葉の通り、先手必勝だと思います。
担当の先生は、大学のパンフレットで紹介してくれたり勉強法や暗記法、ゴロなども教えてくれ、時には雑談で盛り上がったり、授業がとても楽しみでした。
明るい挨拶、笑顔であふれている西大寺校はとても居心地がよく勉強しやすい環境でした。熱心に指導してくれた先生方、支えてくれた家族に感謝します。ありがとございました。

KEC OFFICIAL SNS

  • LINE
  • Twitter
  • facebook