学習塾 × 保育士 ×ワーママ 学習塾 × 保育士 ×ワーママ

学習塾 × 保育士 × ワーママが
本気でつくる保育園

1977年に生駒市の文化住宅の一角で学習塾をスタートしたKECグループは、2017年には教室数が37教室となり奈良県最大規模の学習塾となりました。そして社員の数もますます増えて、たくさんの社員が働く職場になっています。女性社員が長く働きにくいといわれる学習塾業界ですが、KECグループは社員が様々なライフイベントを迎えても長期で働き続けられる環境をつくりたいと考えてきました。

産休、育休を取得する社員が増え、育休後職場復帰する社員たちが、安心して預けられる保育園をつくりたい。

はじめはここから始まったプロジェクトですが、考えるほどに妥協できない気持ちが高まりました。そして、保育園プロジェクトを会社の重要事業と位置づけて、地域の育児環境もサポートできるように保育プログラム、園舎の設備、保育体制、運営などを充実させています。

  • 子どもの将来を考えた保育プログラムを導入したい、
  • 乳幼児期に最適な英語教育をしたい、
  • 園舎は子どもが思いっきり遊べる広さが欲しい、
  • 屋上園庭にフットサルコートとプールをつくりたい、
  • すべての階から電車が見えるように窓を設置したい、
  • 給食は栄養をしっかり考えてほしい、
  • ボルダリングを壁につけてほしい、
  • 古民家でお泊り保育を実施したい、
  • 保育園登園時の荷物減らしたい...

学習塾教務担当者と、ベテラン保育士や教育コンサルタントと、社内のワーママ(ワーキングママ)が、とにかく意見をぶつけ合い考え抜いた保育園。

「まなび」は学習塾教務メンバーが熟考してカリキュラムをつくり、
「あそび」はベテラン保育士とプロの教育コンサルタントが保育プログラムや、園舎の設備や遊具のアドバイスを、
「たいけん」は奈良の地で自身も築100年以上の古民家に住むワーママ園長が中心に、会社所有の古民家とその周りの自然をいかした古民家体験プログラムを作成。

また、ワーママ視点で保育園準備物の大変さ、時間や曜日の対応などをできる限り対応できる運営体制を考えました。
子どもたちの本物の自信を育てるために、すべてのことは「挑戦」をキーワードにつくっています。
毎日ワクワクして、失敗もして、けんかもして...
その中で、子どもたちが自分で答えを作り出していくことを大切にする保育園です。

挑戦→「本物の自分」

園舎の紹介
西 4

園舎は子どもたちがワクワクする仕掛けがたくさんあり、いろんなことに挑戦してたくさんの気づきや学びができる園舎です。

お部屋の紹介:ワクワクする仕掛けがいっぱい!

こだわりの給食

子どもの成長に欠かせない食事にはかなりこだわっています。子どもの口に入るものは「安心・安全」でなければならない。というのは社内のワーママみんなの意見でした。給食の素材は可能な限り地産地消にこだわり、特にお米は奈良県産、旬の野菜はその日に収穫した取れたてのものを使います。やまと西大寺KEC保育園では「こだわりの給食」で子どもたちの身体作りを支えます。

  • 子どもたちの身体作りのためのこだわりの給食
  • 食事は子どもの成長に欠かせない。だからこだわりの給食

お米は奈良市にある樋口農園様からご協力いただき、奈良県産のお米(ひのひかり)を使用します。お水としても販売できるほど素晴らしい湧水で作られているお米です。元々このお米は販売するために作っているものではなく、ご自身の家族やお孫さんが食べるために作られていたものをこの度、給食用に譲っていただくこととなりました。また、お野菜については、あぐりーと様(http://agreat-kuromame.com/)という大和西大寺にある八百屋さんにご協力いただいています。お米と同じく自身で食べることをメインに作られている小規模農家の方から余った野菜を集めて販売している八百屋さんになります。旬の野菜は畑から収穫したばかりの野菜になり、採れたての野菜を初めて食べる人はその美味しさにきっと驚くはず!ほとんどが奈良県産の新鮮な野菜になります。さらにお肉はすべて国産、お魚は奈良県中央卸売市場のお魚屋さんから仕入れた新鮮なお魚を提供します。最後に調味料にもこだわり、国産の原材料のみを使用したコープのものを使用いたします。

手ぶらで登園!
保育時間は最長20時半まで

月曜日の朝、子どもの朝ごはんの食べこぼしを拭きながら、保育園に持参するものの準備に走り回り、お布団セットと着替えやタオルがたくさん入った大きなカバンを肩にかけて、子どもを抱っこして、さあ出発だと家のドアを開けると雨がザーザー、傘持てるかな...。

想像するだけで凄まじい光景ですがよく聞くお話です。

やまと西大寺KEC保育園では、働くパパママの手間を少しでも軽くできるようにどうすればいいか考えました。

  • 手ぶらで登園!
    活動着は園で洗濯します

    おむつ、ミルク、布団、シーツ、食事スタイ、タオル、コップ等をすべて園で準備します。園で汚れた衣類は洗濯するので、お着替えも持参しなくて大丈夫。

  • 最長20時半まで保育。
    日祝も可能です

    平日は最長20時半まで保育対応いたします。19時以降の保育の場合は夜の軽食を準備します。また、日祝も希望があれば開園します。
    ※別途保育料設定があります。

ページの最上部へ