入塾をお考えの方

AI(人口知能)に弱点はあるの?

最近テレビでも話題の、AI(人口知能)と読解力

2045年にはAIが私たち人間の知能を超え、

現在ある仕事の約半数がAIに代替されるのではないかといわれています。

また、グローバル化、情報化が急速に進む未来では、

お子さまたちの65%が今は存在しない職業に就くという予測もあります。

グローバル化、情報化、技術革新がもたらす変化が、

お子さまたちの生き方に大きな影響を及ぼすことは確かです。

それならば、将来AIに「使われる」のではなく、「使う」側に立つために、

今からできることはないのでしょうか。

現段階のAIの弱点はズバリ「読解力」。

文章の意味を理解することができないのだそうです。

2016年のセンター試験模試において、

5教科8科目の平均偏差値が57.1だったAIの、国語の偏差値は49.7。

やはり国語は苦手なようです。

しかし、AI研究者が同時に、注目したのは

「AIより得点が低い高校生がいる」という事実でした。

「1日3個リンゴを食べる。7日間では何個食べるか」

「1日3個ずつリンゴを食べる。7日間では何個食べるか」

AIには前者の問題が解けない可能性があるそうです。

AIは「3」と「7」というキーワードだけでは、

たすのか、かけるのか、ひくのか、わるのか判断ができず、

「3個ずつ」の「ずつ」というキーワードによって、「かけ算」だと判断するのだとか。

「たすのか、かけるのか、ひくのか、わるのか、わからない」

...こんな状況、お子さまにもありませんか。

「わからない」というお子さまに「問題をよく読んでごらん」と声をかけることがありますが、

そもそも、「問題をよく読む」だけでは、

何度読んでも本当の内容は理解できないお子さまもいるという可能性があります。

そのようなお子さまは、「キーワードやパターン」を探しながら「読む」、

AIと同じような解き方をしているのかもしれません。つまり「読解力不足」です。

AIと同じことをしていては、AIにはかないません。

冒頭で述べた

将来AIに「使われる」のではなく、「使う」側に立つために、今からできること

...その答えの一つは「読解力を身に付けること」なのです。

読解力と図形脳を育成する『玉井式国語的算数教室』という教材をご存じですか。

「玉井式国語的算数教室」は

「植木算のやり方忘れた」からはじまった教材です。

『玉井式国語的算数教室』の開発者である玉井満代先生は

「公式を覚えるよりもっと大切なことがある、というのが出発点です」とおっしゃっています。

公式や考え方を暗記するのではなく「イメージ」して理解する。

それが、インドの小学校でも教材が採用されている玉井式メソッドです。

「玉井式国語的算数教室」は算数を物語で学びます。

算数も日常生活とからめて問題を出す方がお子さまたちはより興味を抱きます。

すべての文章問題の世界観を連続したストーリーにすると

「もっと物語を楽しみたい」とお話をしっかりイメージしようとします。

「わからない」というお子さまには、

「絵や図をかいてごらん」と声をかけます。

以前、「1段に10個引き出しがついている3段のたんすには引き出しがいくつあるか」

という問題を解いていた時、

「わからない」というお子さまたちはたんすの絵をかけなかったり、

全然違う絵をかいてしまっていたりしました。

クラスの他のお子さまがかいた絵を発表し合いながら、

タンスのイメージを共有し、問題に取り組むと

「1+10+3=」と式を書いていたお子さまが「10×3=」と

自分で気づいて式を書きなおしていました。

玉井式国語的算数教室では

計算のやり方も、単位の大きさも、「=」の意味も、覚えこませるのではなく、

しっかりと意味を伝え、イメージを共有します。

そして、このように学習していると、

公式を教えこまなくても植木算ができるようになるのです。

「イメージする力」はAIにはありません。

「イメージする力」を培うことで、たしかな読解力を身に付ける。

低学年の今だからこそ、そのような学習を始めませんか。

✿新年度は4月9日週より授業がスタートとなります。ご入塾を検討されるなら今です!✿

KECグループのご紹介