合格実績

追手門学院大手前中学校の合格体験記

奈良女子大学附属中等教育学校/追手門学院大手前中学校 合格

「合格への長い道のり」

二敷 夏音さん(英田南小学校卒)

私は四年生の三学期から、KECへ入塾しました。四年生の間は週一回の国語の授業が楽しくて、毎回楽しみでした。しかし五年生になり、勉強が難しくなっていきました。特に、表現算数は難しい問題も多く、宿題に時間がかかってしまいました。六年生になって、日頃の授業や勉強合宿に参加していく中で、「第一志望校に絶対合格する」という強い気持ちが芽生えてきました。
しかし、夏と冬の勉強合宿のリアル入試は両方不合格、奈良女子大学附属中等教育学校模試は最後までC判定と、悔しさばかり味わってきたけれど、だからこそ、頑張ろうと思えたと思います。
そして奈良女子大学附属中等教育学校入試当日。先生たちに声かけをしてもらって緊張もほぐれていきました。「今までの努力を全てぶつけてやる」という気持ちでいどみました。合格発表の時、自分の受験番号を見つけて、嬉しすぎて思わずさけんでしまいました。
受験を通じて、私は解き直しの大切さや、周りの人にどれだけ支えられているかを知ることができました。決してこの合格は一人でつかめたものではありません。どんな時でも支えてくれた家族やKECの先生、応援してくれた学校の友達に感謝しています。受験を通じて学んだことを忘れずに、中学へ行っても頑張りたいと思います。

  1. 1

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。