合格実績

奈良工業高等専門学校の合格体験記

奈良工業高等専門学校(情報工学科、しなやかエンジニア教育プログラム) 合格

「頑張ってよかったこと」

杉山 咲さん(片塩中学校卒)

私は、二年生の夏期講習から入塾しました。塾に入ったら、以前に比べて勉強時間が増えて、教え方もわかりやすくて、成績がとても上がりました。それまでやったことがないような問題も教えてもらって、解ける問題が増えて、とても楽しかったです。
ですが私は吹奏楽部に所属していて、帰る時間が遅くなったり疲れていたりして、遅刻することが多かったし、授業中めっちゃ寝ていました。その分を授業後に残ってやったり、学校での休み時間を利用したりして、できるだけ理解できるようにしていました。他にも定期テスト前は、一週間前まで土曜日と日曜日の昼の時間が部活だったので、空いている時間と一週間前に詰めこみました。泣きながらやっていました。
とてもしんどくて、大変だったけど、先生にはげましてもらったし、家族からの支えもあったから、頑張れたんだと思います。
受験の時期に入って、部活で行けていなかった夏期講習や合宿の遅れを実感して、冬期講習も中々行けなくて、とても焦りました。社会がすごく苦手で、都道府県も覚えていないくらいで、これはまずいと思いました。でも部活と一緒にやっていたときのことを考えたら別に苦でもないなと思って頑張りました。
他の塾生の人たちに比べたら、いた時間もとても少なかったし、先生方にとても苦労をかけてしまったけど、私はそれで勉強と部活をやってこられたから、頑張ってきてよかったと、今心の底から喜べているのかなと思います。
これからしんどいことも増えてくるし、今大変な思いをしている人もいるだろうけど、少し手を抜いてもかまわないと思うので、頑張ってほしいです。その頑張った事実が、後で助けてくれると思います。

奈良工業高等専門学校(電子制御科)/近畿大学附属高等学校(特進文理Ⅰ) 合格

「リベンジ合格」

奥本 幹也くん(片塩中学校卒)

僕は、小学二年生までKECゼミナール五位堂教室で、その後五年生になって志学館ゼミナール高田教室に入りました。
最初のほうは、緊張して質問しにくかったけど、中学一年生になるとなれて、できるようになってきました。だから、中学からではなく、小学校のうちに入ってよかったと思います。
そして、中学二年生の夏の先生との懇談では高田でいいかなと思っていたのですが、いろいろ考え三年生の二学期の期末テストで奈良工業高等専門学校にいくことを決めました。そこからは木曜日以外は毎日塾に通い、分からない問題はないように質問をくり返しました。そして迎えた一回目のチャンス推せん選抜、理科と数学のみでその教科に偏りすぎた勉強でここまできました。終わってみると自分の中ではテストはほぼできて、面接も全ての質問に答えることができ、合格は十分できると思っていました。しかし落ちました。すごく悔しくて泣きました。でも、その日からも毎日塾に行きました。そして、二回目の五教科での一般選抜がやってきました。推せんとうってかわってとても緊張しました。結果、いつもとれている数学で大量に点を落としてしまい、もう落ちると思って内申点で他の子を上回っていることを願っていました。でも、やっぱり不安で、合格発表までの期間、公立の勉強が全くやる気がでませんでした。そして、合格発表の日、番号を上から手でかくしながら見ていくとなんと自分の番号があって今まで一番うれしかったです。
このことからやっぱり、推せんなどで落ちたとしても、早くきりかえた人の「勝ち」だということが分かりました。

奈良工業高等専門学校(機械工学科)/上宮高校(パワー)/奈良育英高校(選抜) 合格

「内申点」

大友 一馬くん(白鳳中学校卒)

僕は、奈良工業高等専門学校入試が終わるまで、とても心配だったことが一つあった。それは、二年生の内申点がとても低かったことだ。
だが、結果的には合格できたが、その合格発表があるまでは、とても心配で、もしも落ちたらどうしよう、内申点をもっと取っといたら良かった、多分落ちる、などといったネガティブなことしか頭に思いつかなかった。
だが、もし、内申点がもっとあったならばどうだっただろう。そうだったならば、とってもポジティブなことしか頭にうかばなかっただろう。
また、このKEC志学館ゼミナールで勉強ができて良かったと思う。
僕には、少しふわふわしていたときがあった。そのときに、先生に一度厳しく怒られた。そのおかげで、僕の心を真っすぐにしてもらい、このときのふわふわしていたことも正してもらえたと思う。
そこで正してもらえたことで、授業をより集中して受けられるようになった。

奈良工業高等専門学校(機械工学) 合格

「受験」

小髙 一馬くん(春日中学校卒)

最初、勉強はきらいでした。しかし、塾に入って本格的に勉強をやり始めてから自分の実力が上がっているのが感覚的に分かるようになり、勉強がすごく楽しいものに変わりました。
しかし、三年生に上がってから、なかなか実力が上がらなくなりました。そのとき、前からずっと言われていたけどやっていなかった「解き直し」を始めました。最初はなかなか面倒くさかったけど、続けているうちに習慣化し、当たり前になりました。
そして夏の合宿のリアル入試で合格とともに、見つけた新しい課題の解き直しを繰り返して克服し、推薦入試で合格することができました。
このように、「解き直し」をすることはとても大切です。最初はめんどくさいと思いますが、続けているうちに何とも思わなくなってきます。解き直しを続けて実力を伸ばし、自分の第一志望に向けて頑張ってください。
最後に、受験の時期になるとメンタルのコントロールも必要です。だからたまに自分が好きなスポーツをしたり、全く勉強しない日を作ったりするなど休養を取ることもすごく大切です。そして勉強は短期集中でやった方が長々やるより効率がいいと思うので、おすすめします。

奈良工業高等専門学校(電気工学科) 合格

「気持ちが大切」

増田 一斗くん(郡山東中学校卒)

僕が受験勉強を始めてから奈良工業高等専門学校に合格するまでに一番大切だと思ったのは、モチベーションを保つことです。
僕は、部活を引退したとき、これからずっと勉強しないといけないのかと思い、少し嫌でした。しかし、KECの夏の合宿で自分が志望校に合格するには全然学力が足りないことを思い知り、本気でがんばろうと思いました。夏休みは自分にあった受験勉強の仕方をみつけ、自分の苦手な教科をがんばりました。すると、だんだんテストの点数もよくなり、うれしかったです。後輩が受験勉強をするときは、この夏休みが重要なので気を抜かずにがんばってほしいです。
勉強がうまくいかないことがあると思うのですが、その時はあせらずに息抜きなどをして気持ちを切り替えることが大事だと思います。
冬ごろになるとだんだんしんどくなると思いますが、うまくモチベーションを保っていると、しんどくてもがんばれます。冬の合宿でも夏と同じように気合いが入り、モチベーションが上がるのでそのまま受験までがんばれると思います。
KECの合宿は参加すると気合いが入るので、迷っているなら参加するべきだと思います。
この先、受験する人は合格できるように、気を抜かずにしっかりがんばってください。

お子様の教育に関するお悩み、どんなことでもお聞かせください。

奈良で地元密着40年。
奈良の受験環境を知り尽くした講師陣が、保護者さまのお悩みにお応えします。