将来ビジョン

ここではKECの長期ビジョンについてお話をさせていただきます。
「変わった会社だな~!でもそんな未来を自分が主役となって実現していきたいかも。」
そんなちょっとした好奇心や共感を持たれた方は、是非気軽にKECにご応募ください。

私たちの長期ビジョン

今日、この一瞬の間も日本社会は 大きく変化しています。
急速に進む少子高齢化社会、経済力が低下し国民一人当たりのGDPは世界22位に、経済力が落ち込むなかで外国人や異文化をどう受け入れていくのかという問題。
AIの台頭により自分たちの生き方・働き方が大きく変わろうとしているこれからの時代。
「教育投資」 =「学習塾に通わせる」で留まる発想に終わっていては社会に通用する人材は育成できないし、これから世の中をイノベーションしていく人材は学習塾という教育提供の場だけでは生まれてこないでしょう。
学習塾という旧態依然のサービスだけに留まるのではなく、“教育”というカテゴリーで幅広くサービスの拡充を図っていきたい。
そして、KECの教育によって一人ひとりが前向きに生きていけるきっかけを作りたい。さらに日本の低迷を底上げするきっかけを作りたい。
というのが私たちの願いです。

そのためのキーワードは「 “教育”ד〇〇” 」

例えば“〇〇”にこんなものを入れると世の中にイノベーションを起こせるかもしれません。

例①“教育”דお葬式”

人の話を一番耳を傾けて聞く瞬間は、その人が亡くなる前や亡くなってからかもしれません。
しかし、既存の葬儀ではお経を唱えて、喪主が決まり切った言葉で挨拶をするだけで故人をお送りすることが多いように思います。
例えば普通のお葬式で終わるのではなく、お葬式で故人の生きざまや功績・考えてきた想いを代弁するような演出を加えるような葬儀屋さんがあったらどうでしょうか?
一人でも多くの参列者に「故人のように格好良い人生を送り、格好良い最期を迎えたい!」と思わせることができたらそれは多くの人を勇気づけられたことに繋がるのではないでしょうか?
故人の想いを伝えて、生きている人たちがその想いを伝承していく。
これこそ究極の教育であるように思います。

例②“教育”ד働き方”

もし、KECのスタッフのようにワクワクした働き方を様々な業種・業界にお伝えできたら、日本はもっと夢に満ち溢れた社会になれるように思います。
仕事を“遊び化”“面白化”できる会社を増やしていけるような、経営コンサル会社・スタッフ教育会社を立ち上げるのも面白いかもしれません。
どこかの会社の社長のように、マジックして被り物をしながら仕事を真面目に語る会社が増えたら面白いかもしれませんね。

なんかワクワクしてきませんか?(笑)

KECは今、日本立て直しに向けて、大きな大きな挑戦をしています。

それは、“教育”ד海外輸出”
2014年、ベトナムホーチミンに海外進出を果たしましたが、これはまだ挑戦の第一歩にしかすぎません。
2030年までに、日本~インドにかけてKECの教育サービスを展開することが夢です。

少子高齢化がこれまで以上に進み、外国人の移住を受け入れることがmustな時代がやってきます。

親日諸国と日本がさらなる強固な関係を作り、世界から愛される日本、憧れる日本を作り上げていくことが大切であると考えています。
また、日本が大切にしている考え方(思いやり・礼儀・協調)に共感する優秀な外国人に対して積極的に日本への留学・就職・移住を勧めていくことで、日本の人口増につなげ、日本の質を高め、日本の経済力底上げに貢献していく。
そんな、日本の大きな転換点を根元から支えられるような役割を果たせる会社になりたいと考えています。

様々な革新が求められるKEC。
そんな会社だからこそ
「KECの考え方に共感してくれる優秀な人材を採用すること」
「優秀な人を評価し、成果を上げた人をどんどん抜擢していくこと」
「新規事業やグループ会社の社長輩出がどんどん実現される仕組みづくり」
を大切にしています。

何かを与えてもらえる、と思って働こうとしている人はKECには合わないと思います。
でも、自分が世の中を変えてやるんだ!チームの為に貢献するんだ!という気持ちのある方は
KECという職場にはまり込んでしまうことと思います(笑)